月別アーカイブ: 2017年12月

注意したい新生銀行カードローンレイクの2つのリスク

新生銀行カードローンレイクは2種類の無利息サービスがあるので初めて利用する人に向いているカードローンです。無利息サービスが適用されるとサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかし新生銀行カードローンレイクを利用してお金を借りる時はリスクもあるので注意が必要です。そこで新生銀行カードローンレイクを利用してお金を借りる時に発生する可能性があるリスクをしっかり確認していきましょう。

・銀行カードローンなのに金利が高く設定されている

銀行カードローンは上限金利が14.5%前後で設定されているので低金利と言われています。しかし新生銀行カードローンレイクは上限金利が18%で設定されているので銀行カードローンの中では高くなっています。お金を借りた時に加算される利息が多くなるので返済が困難になってしまうリスクがあります。特に借り過ぎには注意した方がいいでしょう。

・ネットキャッシングが出来るのでお金を借りている事を忘れてしまう

新生銀行カードローンレイクは申し込みから借り入れまでの手続きをすべてネット上で出来てしまうのですごく便利です。それでお金を借りる時は振込キャッシングになるので自分の口座から引き下ろす事になります。自分の口座から引き下ろしているとお金を借りている事を忘れてしまうのでいつの間にか借入総額が多くなっている事もよくあります。お金を借りている事は常に頭に入れておくようにしましょう。

レイクのカードローンを選ぶメリットとは

手軽に申込ができる上に審査スピードも早い銀行カードローンとして、多くの人に支持されているのが新生銀行カードローンレイクのカードローンとなります。このレイクのカードローンを選ぶことで享受できるメリットについて、詳しく解説を行っていきます。

・年収に関係なく借り入れができる

レイクのカードローンは銀行系カードローンであり、総量規制対象外となっています。消費者金融のカードローンは総量規制の対象となっているため、年収の3分の1を超える借り入れは不可とされていますが、レイクのカードローンならば、年収に関係なく借り入れができるのです。

・即日借り入れに対応

銀行系カードローンといえば審査に時間がかかるというイメージがありますが、レイクのカードローンは審査が非常に早くなっています。無人契約機から申し込みをした場合、審査完了まで最短で50分程度となっていますし、最短で申し込みをしたその日のうちから借りれができるのです。

・Tポイントがもらえる

レイクでは新規契約を行い、エントリーを済ませてWeb会員ページにログインしてメールアドレスを登録することで、Tポイントをもらうことができます。借り入れなどをしなくてもポイントがもらえるのは嬉しいですね。

三井住友銀行カードローンの審査で重視する2点

三井住友銀行カードローンは大手銀行のカードローンでしかも低金利なので利用する人も多いです。店舗内に設置されているローン契約機で申し込みをする事が出来るので手軽にお金を借りる事が出来ます。しかし審査に落ちてしまうと契約する事が出来ないので注意しなければいけません。そこで三井住友銀行カードローンの審査で重視する点を挙げていく事にしましょう。

・他社借入の有無

三井住友銀行カードローンは安定した収入を得ている事が最低条件となりますが、他社からの借り入れがあると返済するのが困難になってしまう事があります。それで審査では他社からの借り入れの有無を重視して3件以上あると否決されてしまいます。三井住友銀行カードローンの審査では他社からの借り入れがない方が有利になるので申し込みをする時は他社からの借り入れはすべて返済しておくようにしましょう。

・金融事故の有無

三井住友銀行カードローンは信用出来る人に貸付をしたいと考えているので審査では金融事故の有無を重視します。過去にクレジットカードやキャッシングの滞納、債務整理の経験など金融事故を起こしていると審査が否決されてしまいます。金融事故を起こした経験がある人は利用する事が出来ないので注意しましょう。

ATM手数料は利息を上乗せして払うのと同じです

カードローンと言うだけに、借入時や返済時にカードで提携ATMから操作を行います。

銀行のキャッシュカードのような感覚で、簡単にどなたでも行えるので便利です。

最近はコンビニATMで24時間利用できるので、地方在住者でも困ることはないでしょう。

ただし提携ATMを利用する時、基本的に手数料がかかることを頭に入れておく必要があります。

ネット銀行のカードローンを除き、108円または216円の手数料が借入及び返済にもかかります。

例えば同一の月に10万円をコンビニATMから借入れ返済した場合、1500円の利息と432円の手数料がかかってしまいます。

これを例えば銀行振込みで借入れ、金融機関独自のATMから返済するだけで432円を支払う必要はないのです。

このようにカードローンを利用する時は、借入や返済にも注意を払う必要があります。