総量規制と主婦のキャッシング

総量規制の法律が実施されてからは年収の3分の1を超える消費者金融でのキャッシングが不可能となりました。これによりアルバイトやパートをしている主婦はキャッシングこそはできるもののキャッシングできる限度額がとても少額になってしまいましたし、収入のない専業主婦に至ってはキャッシングができなくなってしまったのです。

主婦や専業主婦でも申し込みができるおすすめのローンサービスとして推したいのが銀行のカードローンとなります。銀行のカードローンは総量規制対象外となっているので、アルバイトやパートをしている主婦や専業主婦でも申し込みができるのです。

特に主婦におすすめしたい銀行のカードローンが楽天銀行スーパーローンになります。

楽天銀行スーパーローンはインターネットで申し込みができるので一般的な銀行のカードローン申込のように窓口へ行く必要がありませんし、アルバイトやパートをしている主婦はもちろん、専業主婦の申込にも応対しているという大きな利点があるのです。

キャッシングの審査に通過しやすい人とは?

お金を貸す立場にある金融機関にとって最も心配なのは、貸したお金がちゃんと返済されるのかということです。返済されずにただ一方的に貸す状況では、商売として成立しません。キャッシングの審査に通過しやすい人とは、金融機関から返済能力があると信用された人のことを指します。

返済能力があると信用されるためには、安定した収入を確保できるような状況にあると証明しなくてはなりません。この安定した収入は、金額が高いほど有利です。年収200万円の人よりも年収400万円の人のほうが信用されやすくなります。また、安定した収入を得ている方法についても信用度に差が出てきます。無職で親の援助を受けている人よりも、大手の企業で正社員として働いている人のほうが信用されやすいです。勤続年数が1年未満の人よりも10年以上の人のほうが断然有利に信用されることになります。

キャッシングの審査に通過しやすい人について理解しておくと、金融機関を選択するときやキャッシングの申し込みをするときに対策を練りやすくなります。きちんと理解してから行動に移すようにしましょう。

自動契約機と家を行ったり来たり

何故か突然部屋を丸ごとイメージチェンジしたくなりました。
全部北欧風にしてみたくなってしまったのです。

思い立ったらすぐにやらない時がすまない性格ですので、早速家具屋さんに行って北欧家具を一通りクレジットカードで購入し、その足でリサイクルショップに行って今までの家具を売却、その売却したお金で雑貨などをそろえようと思ったのですがまったくお金が足りません。

すでにクレジットカードはそれ以上使えません。
雑貨と言っても一つ数万円するものなので簡単にお金も用意できません。
なので近くのアコムでカードローンを利用する事にしました。

自動契約機での契約なので、とくに何も考えずに行ったのですが、これが案外時間がかかりました。
先客がいたというのもあるのですが、本人確認できる免許証を家に忘れていたり、勤め先の住所がスマホに入っていなくて家に帰ったりと大変でした。
全て自分の責任なんですけど、自動契約機と家を行ったり来たりでくたくたでした。

時間がかかってしまったためにその日は間に合わずに、融資は翌日になりました。
自動契約機の操作や、申し込みは簡単だしオペレーターの人とのやり取りもスムーズだったんですが、自分の準備不足でかなり時間がかかってしまいました。
何事もしっかりと調べて準備して行かなくちゃダメですね。

ちょっと反省しました。

増額申込みを皮切りに夢を現実のものに

4年前に借金を完済した私の元に、アイフルから一本の電話がかかってきたことによって、夢を現実のものにすることができました。

私の夢とは総額20万円の高スペックパソコンを自作することでした。アイフルの借金を返し終わった当時の私は、登録情報の抹消を依頼することなく今まで生活していたのです。
そのため、借金を完済しても名実ともに私はアイフルの会員であるということになります。その事実を知らせてくれたのが、アイフルからの増額申込みの提案の電話だったのです。

電話がかかってくる前、アイフルが私に対して設定した限度額は10万円でした。ところが、私がアイフルに増額申込みをすることによって借り入れ限度額が30万円にまで増加したのです。
利率は0.3%だけしか下がりませんでしたが、自作パソコンを組み立てる夢を実現するには十分すぎる内容でした。

増額申込みが完了した翌日、私はアイフルから22万円を借り入れることになります。半年で完済することにし、その足で私の夢を叶えるために地元の電気街に足を運びました。
私の目的は無事に達成し、あと2ヶ月でアイフルからの借入金を完済することができそうです。思いがけない電話のおかげで、私の夢が叶いました。

3種類のキャッシングの比較

初めてキャッシングの利用を考えている人は、キャッシングには3種類あることを覚えていきましょう。

3種類とは消費者金融のカードローン、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングです。
それぞれに特徴があって長所と短所があります。

消費者金融はアコムやプロミス、レイク、アイフル、モビット、ノーローンといった大手の有名会社と、それ以外の無数の中小会社があります。

大手、中小ともに金利は横ばいで100万円以内なら18.0%が適用されてますが、プロミスはほんの少しだけ低い17.8%です。

金利の面では優位性はありません。消費者金融の利点は審査のスピードと審査の柔軟性です。大手なら即日融資はどの会社でも可能としています。

銀行カードローンは三大メガバンクは当然として、地方銀行、ネット銀行、それと信用金庫なども含みます。

銀行カードローンは金利の低さと限度額の大きさが特徴です。総量規制の対象外でもあるので限度額の大きさはかなりの利点です。

審査スピードは消費者金融に負けますが、急いでいないのなら問題は無い早さです。また銀行という名前が安心感を与えてくれます。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードに付いている機能です。クレジットカードをすでに持っているならすぐに利用できます。

金利は100万円までは18.0%ですが、そもそもクレジットカードのキャッシングで100万円以上借りる人がいるとは思えません。

欠点はショッピングの限度額の一部になっていることです。つまり30万円のショッピングの限度額と20万円のキャッシング限度額があるカードで、20万円をキャッシングすればショッピングはあと10万円しか使えません。逆の場合、ショピングで25万円使っていたらキャッシングは5万円しか出来ません。

クレジットカードはキャッシング機能を無くして、ショッピングのみの利用とすることも出来ます。

金利の低さで選ぶなら銀行カードローンで、今日すぐにお金が必要となったら消費者金融、クレジットカードを作った時に念の為に確保しておくのがキャッシング枠、こんな感じでどれを選択するか考えてみると良いでしょう。

キャッシングをする際には比較をする事が大切です

普段生活をしていると、大金を使う機会も多々あります。

事前に計画をしていれば、逆算をして貯蓄をしたり、収入を増やしたりという事も出来ますが突発的にお金を使わなければならないという事もあります。

そのような時に、日頃貯蓄をしていればいいのですがそのような方ばかりではないです。

しかし、周囲に借りる事が出来なかったり、自力での工面が難しい時もあります。

その際は、キャッシング業者に頼るという事も一つの方法です。

ただ、キャッシングをするといっても数多くの業者がありますので、どこを選んでいいものか初めての方であればわからないものです。

何も調べずに、知っている業者や自宅から近い所で選んでしまったりすると、のちに後悔をする可能性があります。

特に、利息の面は借りる金額や期間によって利率が大きく異なる為、しっかりと比較をする必要があります。

比較をするにあたって重要になるのが、インターネットになります。

最近では、ホームページを持っている業者がほとんどで自宅に居ながら比較をする事が可能です。

その為、自宅に居ながら比較をする事が可能なため、24時間いつでも比較検討する事が出来ます。

インターネットを確認して、自分自身が借り入れしたい金額を考えた上でキャッシング業者を検討すると、後悔しないでキャッシングが可能です。

これからキャッシングを考えているのであれば、すぐに借り入れの審査を受けるのでなく一度しっかりと比較をして、お金を借りる事が重要です。

キャッシング返済時の注意点

キャッシングして効率的に返済していくにはその返済方法について知識をつけておくとお得になります。

借り入れる金融機関を選んでいく段階で返済方法の違いや特長を抑えながら選んでいくと、返済にかかる経費を抑えたりしてトータルでやすくなる可能性があるのです。

まず返済方法の種類についてお話しします。

キャッシングは大きく分けて二種類の返済方法があります。こちらからお金を支払いに行くのと自動的に口座から引き落とされるものです。こちらから返済していくのも銀行などのATMを利用するものや、コンビニなどの窓口でレジ精算するものに分けられます。

いずれの方法を取るにしても実は利用手数料があります。銀行口座から自動引き落としの場合は、提携している銀行の口座や親会社の銀行口座だったりすると無料で利用できる場合もあります。

また口座振込の場合は通常の利用と同じく、使用している銀行に対して振込手数料がかかります。振り込む金額によって大きく左右されますが、長期間何度も返済していくことを考えるとバカにならない金額になってきます。

最近主流なのがコンビニを利用した返済です。コンビニATMや情報端末を経由したレジ精算の場合は手数料無料としているところが増えてきているのです。

アルバイトをしていれば学生でもキャッシングはしてもよい?

キャッシングと聞くと働いている人つまり社会人がちょっとお金が必要になった時にするものという印象がありますが、実はソいうケース以外にも広く使われています。

たとえば、主婦だったり学生でもOKです。

学生の場合は、継続的な週に入があることが借り入れをする上での条件になることが多いです。

アルバイトでしっかり稼いでいればキャッシングを利用することが可能です。

学生のキャッシングはあんまり、しないほうがいいと思いますがそれでも

ある程度の年齢ですので、自分の判断で必要と感じるときにはその選択肢を選ぶことは

間違いではないですし、これから必要になる金銭感覚を勉強するために自分で何とかできる範囲で利用するとこは

勉強にもなるのでいいかもしれません。

アルバイトのキャッシングの場合は、続いていることを証明することが必要みたいで

今までこれで働いていましたということよりも毎月これくらいの金額がコンスタントに振り込まれます、という風に言うことのほうが大切みたいです。

これはマンションを借りるときにもそうみたいですね。

こういう何かを借りるときにその人の返すために未来が見えるかということがポイントになるみたいです。

アルバイトといえど継続的な収入がある場合は、社会人と同じサービスを受けることが可能になります。

▼ここなら安心かも
キャッシングのレイク店舗ATM情報

即日融資可能なキャッシングの注意点

今まではキャッシングの審査に時間がかかっていたため、キャッシングを申し込んでから実際にお金を借りるまでにある程度の時間がかかることがふつう

でした。

しかし、最近は申し込んだその日のうちにお金を借りることができる、即日融資を行う業者が増えています。

即日融資を受けることができるキャッシングの一番のメリットは、お金が必要なときにその日のうちに融資を受けられることです。

店舗で人間と対面せずに借りることができるのもメリットと言ってよいでしょう。
なんといっても借金をするという後ろめたさが減りますから。

ただし、24時間365日即日融資が可能なわけではありません。

ほとんどは平日の決まった時間までに申し込みを行う必要があります。

また、借りたお金は業者と提携している銀行からでないと引き出せない場合もあります。
近くにその銀行やその銀行のATMが無い場合は引き出すのに苦労します。

また即日融資が可能なキャッシングは、通常のキャッシングと比べても金利が高い傾向にあります。

金利が高いということは月々の返済額や返済総額が高くなるということです。
つまり、通常のキャッシングより返済の負担が大きいことを意味しています。

即日キャッシングを使用する場合は、きちんとした返済計画を持って、必要最小限の金額のみ借りるように心がけましょう。

キャッシングの返済遅れると・・・

キャッシングやカードローンを利用しているなかで返済が遅れてしまったり返せないような事態にのることもあると思います。

そんなときどういった対応をするべきなんでしょうか?

まず、絶対してはいけないのが放置することです。

支払いが遅れると遅延損害金が発生しますが、これはほとんどの業者では20%くらいに設定されていると思いますが、かなりの金額になります。

放置すればするほど加算されていきます。

遅れてしまってまずするべきことは、業者への連絡です。

いつくらいまでなら返済ができるかということを伝えるようにするとそれほど問題にはなりませんが、連絡をしないで放置していると催促の電話や通知がきますし、一括で全額返済を迫られることもあります。