銀行系カードローンのメリット

銀行からお金を借りるというと住宅ローンか事業資金、というのはもはや大昔の感覚で、今では消費者金融と同じように、保証人なし・担保なしで借りられるカードローン(いわゆるキャッシング)のサービスを行っています。

大手消費者金融と比べると審査が厳しめ、審査に時間がかかるので、すぐに借りたい人には不向き、というデメリットがありますが、銀行のカードローンには様々なメリットがあります。何よりも大きなメリットは、金利の低さ。消費者金融のカードローンの金利上限が約18%なのに対し、銀行系のカードローンは1~3%低めに設定されている場合が多くなっています。

カードローンでは借入金額等の条件によって金利が変わってきますが、多くの場合、上限金利が適用される場合が多いので、長期に渡って借りるような時は、1%の差が大きな負担になってきます。また、借入限度額が高めに設定されているのも特徴です。消費者金融では、総量規制によって年収の3分の1以上の金額を借りることができないので、高額融資を希望する場合は銀行が頼りになってきます。

ほとんどの銀行では、口座を持っていなくてもカードローンを利用できるようになっていますが、既に口座を持っている銀行に申し込むと、提出書類が少なくて済む等の利便性もあります。銀行のカードローンを検討する場合は、まず、既に口座を持っている銀行をチェックしてみるのもよいでしょう。

専業主婦がキャッシングをする時に銀行カードローンを利用した方がいい2つの理由

専業主婦がキャッシングをする時は銀行カードローンを利用する方法と夫婦の年収を合算する事が出来る中小の消費者金融の配偶者貸付を利用する方法があります。

基本的には自分の都合の良い方を選ぶ事が出来ますが、銀行カードローンを利用した方がいいと言われています。そこでなぜ専業主婦がキャッシングをする時に銀行カードローンを利用した方がいいのか理由を挙げていく事にしましょう。

銀行カードローンと配偶者貸付を利用する事が出来る中小の消費者金融の金利を比較してみると銀行カードローンの方が低く設定されています。特に専業主婦は借り入れをする時にリスクを出来るだけ抑えていく必要があるので金利が低く設定されている銀行カードローンを利用した方がいいです。

中小の消費者金融はサービス面があまり充実していませんが、専業主婦が利用する事が出来る銀行カードローンは大手銀行やネット銀行が多いのでサービス面が充実しています。サービス面が充実している方が安心してお金を借りる事が出来るので銀行カードローンを利用した方がいいです。

専業主婦がキャッシングをする時に銀行カードローンを利用した方がいい理由はこのようにあるので実際に金欠の状態になった時は銀行カードローンに申し込みをするといいでしょう。

WEB完結以外で楽天銀行スーパーローンが高評価を得ている2つの理由

楽天銀行スーパーローンはネットですべての手続きが完結するのでスマホを持っていれば手軽にキャッシングをする事が出来る銀行カードローンです。しかしWEB完結以外でもメリットになる点が多いので最近ではネットの口コミでも高評価を得ています。

そこでWEB完結以外で楽天銀行スーパーローンが高評価を得ている理由を挙げていく事にしましょう。

・低金利で設定されている

消費者金融は上限金利が18%に設定されていて高金利と言われています。しかし楽天銀行スーパーローンの上限金利は14.5%に設定されていて消費者金融と比較すると大幅に低くなっています。

低金利で設定されているとお金を借りた時に加算される利息が少なくなるので高評価を得ている理由として挙げられます。

・おまとめにも利用する事が可能

複数の業者から借り入れをしてしまった時に返済が困難になったり借入総額が分からなくなったりするのでおまとめローンを利用して一つの業者にまとめる人が多いです。

おまとめローンを利用する時は低金利というのが条件として挙げられるので上限金利が低く設定されている楽天銀行スーパーローンはおまとめにも利用する事が可能です。

ホームページではおまとめOKと宣伝していておまとめにも利用する事が可能な点も高評価を得ている理由として挙げられます。

増額申込みの仕組みは知らないと危険

カードローンの契約を行なっていて、利用限度額の増額を行いたくなった場合には、増額申込みを利用規約に則り行えば良いでしょう。
しかし、銀行と消費者金融では、考え方が全く異なる点を知らなければ、思わぬ失敗に陥る可能性があります。
銀行カードローンの増額申込みは、基本的に銀行から届く増額インビテーションのみで行われていると考えなければなりません。
なぜなら、実質的な審査を行っているのは保証会社であって、銀行へ増額申込みを行なっても保証会社による審査に通らなければ増額申込みが認められることは無いからです。
保証会社が定期的に行なう与信によって、増額しても良いと考えた場合のみ、銀行へ増額インビテーションを出すことを勧めています。

一方、消費者金融の増額申込みは、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なって、誰の目から見ても信用実績が改善されていて借入枠が減少していることが必要です。
年収が転職により一気に上昇したことを証明出来ない限りは、利用限度額の増額が認められる可能性は少ないでしょう。
なぜなら、消費者金融への増額申込みは、実際に再審査を行っていることになるので、初回申込時に準じた審査を再度行っているに過ぎないからです。
初回申込時と大差ない状況であれば、増額申込みが認められる可能性が少ないわけです。

三井住友カード「ゴールドローンカードレス」

公務員や有名企業にお勤めの方が消費者金融に申し込むのは、正直もったいない話です。なぜならもっと良い条件のカードローンがあるからです。そこで属性が高めの方にオススメなのが、三井住友カードのゴールドローンカードレスです。その名の通りカードレスなので振込融資専門で、低金利がウリのプレミアムなカードローンとなっています。

ゴールドローンカードレスの基本スペックは、融資限度額が700万円、金利が年3.5~9.2%となっています。おまけに前年度の利用実績により、金利が年0.3~1.2%割り引かれます。申込は公式サイトの「今すぐ申し込み」から進めていきます。なおWEB完結させるためには、メガバンクやゆうちょ銀行などを取引口座に指定する必要があります。審査に通ると会員証が最短3営業日で自宅に届き、利用開始となります。振込申請はネットまたは電話で行い、平日8時50分~14時49分(12月31日~1月3日除く)までなら当日に振り込まれます。

申込条件は、年齢が満20歳以上64歳以下の方で、安定した収入のあることです。ただし学生と専業主婦の方は申込不可となっています。さらにゴールドローンカードレスは信販会社の金融商品なので、総量規制の対象となっています。ですからすでに他社で年収の3分の1を超えて借りている場合は申込不可となります。

金利が非常に低い分審査が厳しめですが、属性に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

返済計画がきっちりと立てられているなら上手にキャッシングを利用

生活費がどうしても足りなくなり、冠婚葬祭や他の出費が重なったため、お金が必要になりました。

自宅の近くに住んでいた三菱東京UFJ銀行カードローンの広告を見かけてこれなら借りられるかもしれない、今のお金の足しになるかもしれないという思いで申し込みをさせていただきました。

一ヶ月に突然必要になったお金なので今月だけという思いがあり、利用することになりました。

申し込んだその日のうちにカードが発行でき、お金を借りられたのはとても助かりました。

加えて、利用限度額が希望限度額よりも高額になったこともありがたかったです。

希望限度額は10万円で申し込んだのですが、実際に連絡を受けた利用可能額は50万円でした。

今月だけしのげればいいなと考えていたのですが、余裕を持ってお金のやりくりができたのは気持ち的に助かりました。

また女性オペレーターの方の対応が非常に丁寧で安心感があったのも良い印象です。思っていたより気軽に借りられたという印象を抱いています。

本当に借りられるのかな?と疑問に思っている方もおられるかもしれませんが、派遣社員で初めてお金を借りる私も特に問題なく利用できました。

初めての方は不安かと思いますが、返済計画がきっちりと立てられているなら上手に活用していただければと思います。

カードローンを無利息で使うこと

お金を借りる時に無利息である、というのはこれ以上ないメリットといえるでしょう。ですから、カードローンなどを選ぶときには無利息期間があるところにしたほうがよいでしょう。やり方としてはいくつかあるのですが多くの場合、最初の一ヵ月は無利息とか或いは一番最初に借りた時だけ無利息ということがあります。

或いはよいサービスとして挙げられるレベルですと一週間であれば何度借りても、といった具合のところもあるでしょう。パターンとしてはこのくらいではありますが要するに無利息でお金を借りることができる期間が少なからず今時のカードローン業者は設定している、といえるわけです。

もちろん、例外はいくらでもありますがそうした期間を上手く活用することによってノーコストで借りることができるようになるのは、利用者としてはこの上なく、有難いことになるでしょう。出来れば何度も条件次第では無利息期間があるようなカードローンから利用していきましょう。

カードローンの業者の選び方は様々ではありますが、基本的には利息を抑えられるようにすることがベストであることには違いはないのです。その点はどんなカードローンサービスであろうと同じといえることでしょう。

返済日にどうしても約定返済金が準備できない時、どうすればいい?

冠婚葬祭などが立て続き、突発的な出費により現金の手持ちや預貯金が足りなくなるケースは少なからずあります。そのような場合、キャッシングローンを利用することでしのぐことが出来ます。しかし、キャッシングローンの返済期間中に同様の自体が生じた場合、返済日までに返済金額(約定返済金)が準備出来ない可能性はあります。そのような場合、他のカードローンから借り入れをして返済するといった行為は債務超過状態となり、翌月以降も返済に苦しむことになります。

では、このような状況において、現金を確保出来ない場合はどうすれば良いかと言うと、借入先にへ相談することが重要になります。相談の結果、利息分以上の金額を返済することで乗り切れる可能性があります。

また、消費者金融の場合は予めこのようなサービスを案内しているケースがあり、キャシング契約を検討する段階から対応しているか確認しておくことで万が一の際に於ける対応策を確保することが可能です。特にアコムの場合、一時的な約定返済金の減額をすることが可能となっています。

一時的に約定返済金を減額することで、総返済額および返済期間に影響が出てしまうものの、遅延損害金や個人信用情報にダメージを受けることを回避する方が重要です。

キャッシングの返済は短期に済ませる

普通に生活していても、急にまとまったお金が必要になることはあります。キャッシングを利用することによって賢くお金を回せば利便性が高くなることも少なくありません。

しかし、金融業者からのキャッシングには金利がかかり、利息をプラスして返済しなければなりません。利息をなるべく少なく済ますことはキャッシングの利用では鉄則と言っていいですが、利息を少なくするのにももっとも効果があるのは短期で返済してしまうことです。無理な返済計画を立てる必要はありませんが、自分で考えているよりも短期で返済することは利息を抑えることに役立つのです。完済してしまえば、その後は返済も利息もなくなってしまうことを理解すべきで、そのために必要なのは短期で返済することです。

どうしても月々の返済額をあまり多くできないという人は繰り上げ返済を活用することでやはり利息額を大幅に減らすことができます。繰り上げ返済はすべて元本の返済に回されるので、繰り上げ返済以降の返済が有利に回ります。このくらいは繰り上げ返済しても仕方がないのでは、と考える必要はありません。繰り上げ返済が可能な金額をあれば、さっさと返済してしまうことが利息額を抑えるコツです。

中小消費者金融の場合、保証人はあくまで原則不要!その上、保証料が取られる危険性も!

銀行や大手消費者金融の場合、キャッシングローンは無担保ローンとなり、保証人が不要かつ保証料も利息に含まれるのが一般的です。そのため、銀行カードローンやフリーローンの場合、保証会社の審査を通過することが一番の鬼門になります。また、消費者金融の場合は保証会社を利用するのではなく、金利自体をリスクを考慮した設定にすることで万が一に備えています。

しかし、中小消費者金融の場合は大手消費者金融とは異なり、資本力が大幅に少ないため、貸し倒れのリスクが非常に高くなる融資は、『保証人不要』と掲げながら保証人が必要になるケースや利息以外に保証料金を取られる危険性があります。特に保証料の場合、契約者に対し保証委託先を通知する必要がある上、保証契約自体は『貸金業者と保証会社』ではなく、『契約者と保証会社』になります。

そのため、契約者の同意無しに利用することは通常あり得ないという問題もあります。また、貸金業者と保証会社間の契約である場合、借り入れする契約者に対し掛け金を請求する点にも問題があります。

中小消費者金融といっても、大手消費者金融に次いで大きな中堅消費者金融の他、街金融といった小さな貸金業者もあります。そのため、申し込みをする際は、予め商品概要をしっかりと確認し、保証人や保証料の内容を把握することが重要です。特に高額な保証料を請求されるケースが報告されている貸金業者は、実質的な利息と見做した場合、契約者が受けるリスクが大きくなってしまいます。