イオン銀行カードローンの審査の特徴について

イオン銀行カードローンに申し込みをすると審査が行われて可決されると契約する事が出来ます。それで融資可能になってお金を借りる事が出来ますが、審査についてあまりよく分からない人も少なくないでしょう。そこでイオン銀行カードローンの審査はどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

イオン銀行カードローンの審査は個人情報や勤務先情報などの確認、信用情報の確認、砕石確認などが行われて問題がなければ可決されます。審査回答は最短翌営業日となっているので即日融資を受けるのは難しいです。融資可能になるまで3日以上かかってしまう事が多いので注意が必要です。また審査で矛盾点が出ると回答されるのが遅くなってしまう事もあるので申し込みをする時に審査で矛盾点が出ないように正確な情報を申請する事が大切になってきます。

キャッシングの増額申し込みは一定期間後にやりましょう

キャッシングの審査に通れば、キャッシングを利用できるようになります。ただ最初の設定金額が低く、すぐに限度額に達してしまったので、増額の申し込みをやりたいと考える方もいることでしょう。ではキャッシングの審査直後に増額の申し込みをすることができるのでしょうか?結論を書けば、申し込み自体はできますが、まず限度額の増額を勝ち撮るのは難しいでしょう。

少し考えください。まだ知り合って短い人に、たくさんのお金を貸すことができますか?普通は長い間交流を持って、相手の人となりがある程度わかってから、貸す金額を上げるのが普通のはずです。キャッシングの業者もそれは同じであり、一定期間経過しなければ増額に応じてくれないでしょう。増額の申し込みは、何度か返済を行い実績ができた後、最低キャッシングの審査を通過して半年後にするようにしましょう。

楽天ローン申込みから借入までの時間はどのくらい?

総量規制対象外である楽天ローンでありますが、借入までの時間については即日融資が出来ないなどお急ぎの方には心配に思う点もあるでしょう。2018年現在、楽天ローンをネットで申し込むと借入までにかかるのは2日から3日程度です。残念ながら即日融資は無理ですが、3日程度なら待っても良いという場合には優れた点が幾つもあります。

まずは金利。年率14.5%は消費者金融キャッシングよりも低い設定です。また、コンビニATMの利用手数料が0円となっておりますので、他のカードを使うよりも長い目で見るとお得になるでしょう。さらに楽天ローンは正社員ではなくパートやアルバイト勤務という場合でも申込みが可能。消費者金融でのキャッシングに抵抗があるという方には、銀行のカードローンである楽天ローンがオススメです。

こんな人はキャッシング業者でレイクALSAを選ぶべき

キャッシング業者選びで迷っている方、紹介する点に該当する場合はレイクALSAをおすすめします。それは20万円以下の借り入れを希望する際です。なぜレイクALSAにすべきなのかと言いますと、2つの無利息サービスがあるからです。最初のお借入で全額を30日間無利息か、5万円までの借り入れを180日間無利息を選択することが出来ます。

特に180日間無利息というサービスは他の業者で行っておりませんので、お借入額と返済状況次第ではキャッシング業者はもちろん他の一般的な銀行カードローンよりもオトクとなるでしょう。

さらにコンビニの提携ATM手数料が無料というのも魅力で、普段からコンビニでキャッシングや返済をしているという方にとっては、1度あたり108円~216円のこの負担額分が軽減されますのでトータルとしてはかなり大きくなるでしょう。少額の申込みならばレイクALSAがオススメです。

新生銀行のレイクがリニューアル、レイクALSA登場。

レイクALSAは、新生銀行のカードローンで、これまで提供してきたカードローンレイクが、消費者金融として新しくなったものです。

2018年4月1日より、取り扱いが開始されました。

新しくなったカードローン「レイクALSA」は、即日融資が可能になり、また、申し込みから借り入れまですべての手続きを、インターネット上で完結できるようになりました。

これまでのレイクで提供してきた「選べる、無利息サービス」は、新しくなったレイクALSAでも、そのまま継続されています。

「選べる、無利息サービス」とは、以下の2つの案から、利用者の方が好きな方を選ぶことができるサービスです。

①契約した翌日から、30日間、借り入れした全額を無利息サービス

②借り入れした金額の内、5万円を、180日間無利息サービス

即日融資が可能になり、急な出費にも、より一層便利に利用できるようになりました。

増額申し込みの際は収入割合に合わせて!

銀行や消費者金融のカードローンは、契約期間中に増額申請することで利用限度枠がアップする可能性があります。しかし、どれだけの金額で申し込みすれば良いか迷うことも少なくはありません。消費者金融なら総量規制の上限まで可能と考えがちですが、実際のところは貸倒リスクを考慮し低くなっています。

新規契約の場合、実際に多いのが年収の1割前後です。300万円なら30万円という形といったこととなり、返済履行の見極めを考慮しています。ですが、実際には収入に占める可処分所得、生活に最低限必要な経費を差し引いた金額が実際には返済に充てられる金額であり、それを大幅に超える増額申請は審査通過は厳しいと考える必要があります。迷った場合は、同年齢の平均年収や行政が査定している最低限必要な生活費を参考にするのがオススメです。

増額申込みをクリアするには信頼が大事

正直、色々なところからキャッシングでお金を借りるより、1社から借りたいですよね。多重債務者ってあんまりいいイメージないですし、一体、今月いくら返済すればいいのか解からなくなるケースも出てきますからね。

2社ぐらいならいいですが、3社、4社ぐらいになってくると、返済するためにまた借りるという悪循環に陥る場合も出てきます。最近は、おまとめローンという商品も出てきており、借りている人々も一番金利が低いところで借り換えをするケースが増えてきているようです。

それを実現するためには、ある程度の融資枠が必要となり、増額申込みをする必要があります。貸している方もリスクを避けたいため、簡単な審査で増額を認めることはありません。他でどれ位借りているかとか今迄に返済が滞ったことがないかという信頼を試されます。きちんと真面目に返済していた人は、信頼関係を構築していますので、増額申込みが認められる可能性が高いです。

銀行系カードローンがお得です。

ネットで検索するだけでも、数多くのカードローン会社が存在します。カードローン会社には、大きく分けて消費者金融と銀行系のカードローンの二種類があります。

それぞれの特徴がありますが、返済額なども総合的にみると銀行系のカードローンの方がお得です。

大多数の消費者金融の最大金利は18%に設定されていますが、銀行系のカードローン会社では12%から14%ぐらいに抑えられています。わずかな違いと思われるかもしれませんが、返済期間が長期化する場合や借入金が多額の場合には大きな違いになってきます。

また、消費者金融には総量規制が適用され、年収の3分の1を超える貸し付けを行うことは出来ません。それに対して銀行系のカードローン会社は総量規制の適用がないため、銀行の裁量で3分の1を超える貸し付けも可能です。

おまとめローンによくある勘違いとは

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の借入をまとめる金融商品です。おまとめローンの主なメリットとしては、借入の管理の簡素化や適用金利が低くなることが考えられます。つまり、うまく利用すればおまとめローンは大きなメリットがあるということができます。

しかし、おまとめローンについて大きな勘違いをしていることもあるので、そこはしっかりと把握してから利用を検討しておきましょう。おまとめローンについてよくある勘違いにはおまとめローンは複数の借入をまとめるだけで借入の総額が減るわけではないということです。適用金利が下がることによって、総返済額が減る可能性はありますが、それも返済期間が長くなれば総返済額は増えてしまう可能性もあるのです。

年末年始でも契約可能?大手消費者金融なら元旦以外なら!

年末年始ともなると、何かと出費が増えるものです。予想以上の出費により手元に現金が無くなる場合、キャッシング契約を検討することもあります。しかし、銀行カードローンの場合、審査や契約対応は営業日になるため、年末年始といった長期休暇がある期間は借り入れは困難です。しかし、大手消費者金融であれば、年末年始でも安心ができます。

基本的には元旦以外なら当日中に契約から借り入れも可能になっており、無人契約機を利用すればその場でローンカードの受取も可能です。急いでいる時ならインターネットからWEB完結で手続きを済ませ、無人契約機に足を運ぶという方法がおすすめです。カードレスや振込融資といった方法は、銀行営業日に影響を受けるため、年末年始は注意が必要になります。