知名度の高いレイクの特徴とオススメの人

急にお金が必要になった時などは、キャッシングがとても便利と言えます。キャッシングは自身の信用のみでお金を借りる特徴があり、保証人や担保を用意する必要もないと言えます。周囲に迷惑をかけずに一時的にお金を借りたいという人には非常に便利なサービスと言えます。

合わせて無利息サービスで高い人気を誇る新生銀行カードローンレイクは、多くの人が利用している消費者金融業者と言えます。テレビCMなどでもよく見かけますが、レイクは知名度も高く、銀行カードローンでありながら消費者金融系カードローンの特徴を備えた独特の特徴をもつカードローン商品と言えます。

レイクは、すぐに融資を受けたい人や無利息サービスを利用したい人にはオススメの消費者金融と言えます。

カードローンの良いところは

現金を借りるための1つの方法としてカードローンがあります。カードローンの良いところは、事前に審査が全て完了していると言うことです。カードローンは申し込みをした段階で審査がありますので、カードが自分の手元に届いていると言う事は、審査に合格をしていると言うことになります。このため現金が必要になったときに、ATMにカードを入れればすぐに現金を引き出すことができます。

消費者金融なので現金を借りる場合にはこうはいきません。現金を借りたいと申請をしてから審査が行われますので、早いところでも1時間程度の時間が必要になります。

また休日や夜間等は振り込みをしてもらうことができないので現金を手に入れることができません。カードローンの良さを考えて、使ってみるのも1つの方法です。

ダイレクトワンは金利は本当に高いのか?

ダイレクトワンの上限金利は20%と上限金利は法定利率ギリギリに設定されています。

では、この限度額は高くついてしまうものなのだろうか?というとそうではありません。

この20%という金利は10万円未満の場合ですと適用される金利となっていて、

10万円以上、100万円未満の限度額の場合には18.0%といった幹司になっていて、10万円以上であれば通常の消費者金融とそこまで変化のないように

金利が設定されています。

ですので、見た目では高金利のように見えますが、実は使ってみるとそこまで高くないというわけなのです。

10万円未満の限度額も設定できるちょっと珍しいところでありますから、このようになっているだけなのであります。

本人確認書類の提出無しで契約する方法

カードローンを契約する際、基本的に本人確認書類を提出しなければなりません。最近はWEB上やアプリを通してスマホで撮影したものを送信するので楽と言えば楽です。しかしあまりネットでのやり取りに慣れていない女性や年配の方には、ちょっと面倒くさいかもしれません。

そんな方は本人確認書類の提出不要で契約できるカードローンを選択すればよいのです。例えば三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、楽天銀行の口座をすでにお持ちなら、当該銀行のカードローンは本人確認書類の提出無しで契約できます。

なぜなら口座開設の際に本人確認は取れているので、2重の確認は必要ないというわけです。おまけにインターネットバンキングに登録していれば、手数料不要で24時間いつでも瞬時に借入・返済ができるというメリットもあります。

レイクは3月までは新規契約は可能です

2018年を迎えても新生銀行カードローンレイクのCMはバンバン放送されています。実はレイクは今年の3月までで廃業して新会社に移行すると発表されており、最後に一稼ぎしようと目論んでいるのかもしれません。

レイクの公式サイトを見ると、即日融資のことは大々的に書かれていませんが、よくある質問のところを見ると自動契約機なら30~45分でカードの発行が可能と書かれています。この1月から銀行カードローンは即日融資が禁止されているはずですが、あくまで自主規制です。ですから新生銀行が即日融資を行っても法的に問題はありません。

新生銀行カードローンの最大のウリは5万円までなら180日間の無利息サービスが選択できることです。2月か3月に新規契約すれば、夏のボーナスで一括返済すれば無利息で利用できます。

ですから最後にレイクと契約するのもアリですね。

銀行系カードローンの借入限度額のおおよその上限

銀行系カードローンというのは、ほとんどの人は借入できないのではないか?と思うような借入限度額が設定されていたりしますが、銀行系カードローンの借入限度額というのは、次のような感じで設定されています。

まず、上限に関しては1000万円が最高です。 大手や、地方でもかなり大きな銀行ならこの辺りの借入限度額を設定していることがあります。

そこから、ちょっと規模が落ちると800万円。 まだまだこれくらいの設定でもなかなか多いくらいです。

ちょっと特殊だったり地方でも小さくなっていくと500万円、300万円あたりが主流になっています。

下限はおおよそ10万円くらいからで、1万円からの借りやすいものもあります。たまにレベルが高いものだと100万円からの設定になっていたりします。

レイクのサービスを最大限に活用するには

新生銀行の融資サービスであるレイクは、Web申込みで店頭まで足を運ばなくても申込みが出来る仕組みになっています。キャッシングをするには、新規申込みをして審査を通過しなければいけません。

レイクのサービスを最大限に活用するには、2つの無利息ローンの使い分けとカードレスで融資や返済が出来るWeb完結の利用です。無利息ローンは、初回利用を条件に、30日間無利息にするか、5万円まで180日間無利息にするという仕組みが提供されており、利用者のニーズに応えられるようになっています。

Web完結は、審査を通過して契約後、カードの到着を待たずに、融資をしてもらえるサービスであり、融資をスムーズに行うのに重宝するサービスです。

総量規制で借りられないときは銀行カードローンを試してみよう

消費者金融のキャッシングでは総量規制という貸付制限が法律によって定められています。

これは無計画な借金をしたことによる自己破産などから消費者を保護する目的で設けられている規制なのですが、この総量規制があるせいで自分が希望している金額を消費者金融のキャッシングでは借りられないケースがあるのです。

総量規制では年収の三分の一までがキャッシングなどの貸金業者が提供しているサービスを通じて借りられる限度額となっているからです。

そのため、すでに借りている金額や年収によっては自分の希望する金額を借りられないといった事態となってしまうこともあるのです。

総量規制のせいでキャッシングでは希望する金額を借りられないというときには、銀行カードローンを試してみるようにしましょう。

レイクにはお得な入会特典がある

新生銀行カードローンレイクでは、初めてのカードローン契約を行い、一定の条件を満たした人に対して、100ポイント分のTポイントを付与するというお得な入会キャンペーンを実施しています。Tポイントをもらうための具体的な条件などについてみていきましょう。

Tポイントをもらうためには初めてレイクのカードローンに契約をし、入会月の翌月末までにエントリーフォームからキャンペーンへエントリーし、eメールアドレスの登録を済ませ、Web会員ページに少なくとも1回ログインする必要があります。

これらの作業を全て済ませることでTポイントをもらうことができるので、入会したらできるだけ早いうちに3つの作業を済ませることをおすすめします。

注意したい新生銀行カードローンレイクの2つのリスク

新生銀行カードローンレイクは2種類の無利息サービスがあるので初めて利用する人に向いているカードローンです。無利息サービスが適用されるとサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかし新生銀行カードローンレイクを利用してお金を借りる時はリスクもあるので注意が必要です。そこで新生銀行カードローンレイクを利用してお金を借りる時に発生する可能性があるリスクをしっかり確認していきましょう。

・銀行カードローンなのに金利が高く設定されている

銀行カードローンは上限金利が14.5%前後で設定されているので低金利と言われています。しかし新生銀行カードローンレイクは上限金利が18%で設定されているので銀行カードローンの中では高くなっています。お金を借りた時に加算される利息が多くなるので返済が困難になってしまうリスクがあります。特に借り過ぎには注意した方がいいでしょう。

・ネットキャッシングが出来るのでお金を借りている事を忘れてしまう

新生銀行カードローンレイクは申し込みから借り入れまでの手続きをすべてネット上で出来てしまうのですごく便利です。それでお金を借りる時は振込キャッシングになるので自分の口座から引き下ろす事になります。自分の口座から引き下ろしているとお金を借りている事を忘れてしまうのでいつの間にか借入総額が多くなっている事もよくあります。お金を借りている事は常に頭に入れておくようにしましょう。