パートなのでキャッシングの審査が心配でしたが大丈夫でした

パートで働いているひとでも消費者金融のキャッシングが利用できるらしいことは私も知っていました。大手の消費者金融の公式サイトを見てみると、確かにパートやアルバイトで働いているひとでも申し込みができると書いてありますが、私は半信半疑のまま申し込みました。私が申し込んだのはアコムでした。テレビのコマーシャルで何度も見たことがあったので安心感がありアコムにしました。アコムの公式サイトには融資を受けられるかどうかを短時間で調べられるようになっています。申し込みをする前に私も融資が受けられる可能性があるのかどうかをまず調べてみしまた。

調べてみて私でも融資が受けられる資格があることが判ったから正式な手続きを取りました。その後は自分で考えていた以上にスズに審査に通ってしまいました。担保を取られることもなく連帯保証人も必要もなくパートの私も消費者金融から融資を受けられるようになったのですから、改め考えてみるとあり得ないことのようにも感じられてしまいます。キャッシングで借りたのは2万円でした。その2万円はパート代を貰った日にATMから全額返済しました。無利息キャッシング期間内に返済できたので利息が1円もかからなかったのも助かりました。これからもお金がどうしても必要になったときはキャッシングを利用さてせもらおうと思っています。

アイフルを利用するとメリットになる点

消費者金融は大手の銀行の傘下に入って経営をしている業者が増えてきていますが、アイフルは現在も独立を貫いています。独立を貫いていると経営面で不安な印章もありますがが、利用するとメリットになる点もいろいろあります。そこでアイフルを利用するとメリットになる点を見ていく事にしましょう。

アイフルは通常のキャッシングサービスの他におまとめローンのかりかえMAXやおまとめMAX、女性専用のレディースアイフルなど金融商品が多いというのが特徴です。金融商品が多いといろいろな目的で利用する事が出来るので目的に合ったキャッシングがしやすいというのがメリットになります。

インターネットでキャッシングの申し込みをするとカードが自宅に郵送されてきますが、アイフルは郵送時間を指定する事が出来る配達時間えらべーるというサービスを利用する事が出来ます。配達時間えらべーるを利用すると自分の都合の良い時間にカードが郵送されるので家族に内緒でキャッシングする事が出来るというメリットがあります。

総量規制対象外になる高額の借入をしたい時には?

現在は貸金業法で規制されているため、年収の1/3を越える借入をすることが出来ません。でもまとまったお金が必要になる時がありますね。すでにあちこちの消費者金融で借り入れているため1/3を越えてしまうという場合にはどこで借りたら良いのでしょうか。

銀行は総量規制対象外ですので、年収の1/3を越える借入を申し込むことが出来ます。どうしてもお金が必要だという時には、銀行のキャッシングを利用するという選択肢もあります。ただし銀行は消費者金融よりも審査が厳しいですので、複数社で借りていて返済事故を起こしたことがある場合には、借りることが出来ない可能性は高いです。

まだキャッシングを利用したことはないけれど、年収の1/3以上の額を借りたいという時には迷わず銀行のキャッシングに申込みをすることです。金利も消費者金融と比べて銀行のほうが安いですので、総量規制にひっかからなくても高額の借入になる場合には、銀行のほうが金利面で有利な契約をすることが出来ます。

キャッシングの借り換えタイミングとは

キャッシングの借り換えタイミングはわかりやすくいいますと金利です。低金利なところが見付かったのであればそれが一つの時期といえるでしょう。それだけのメリットが低金利で借りること、借り換えることにあるのです。前倒しで返済する事に関して手数料を求められることはありませんから、それは心配しないでよいでしょう。

住宅ローンなどですとどうしてもそうしたことがありますから、借り換えに消極的になってしまう人が多いのです。キャッシングからカードローン、という借り換えもまったく問題ないでしょう。それはそれでまったく問題ないことであるといえますから、少しでも低金利になるのであればそれは積極的に行っていくようにしましょう。

そもそもお金を借りることに関して抵抗感を持っている人は多いです。それはそれで正しい認識ではあるのですが、さすがに本当に困っている時にまで借りない、という行動はよくないでしょう。必要であれば借りるべきですし、借りた後によいところが見付かったらそちらに借り換える、というのも十分にありといえます。お金がかかっていることですから、よいタイミングを見計らうべきでしょう。それが低い金利のところが見つかった時なのです。

学生であろうとキャッシングができます

キャッシングサービスの条件なのですが、まずは20歳以上であること、というのがあります。これは基本的に重要なポイントであるといえます。どうしてなのか、といいますと未成年とは契約行為自体が困難になるからです。

少なくとも金銭貸借に関しては厳しいと言わざるを得ないのです。ですから、学生であろうともキャッシングサービスは利用することができるのですがそれでも20歳は超えている必要があるのでこれはしっかりと覚えておくとよいでしょう。学生といっても20歳を超えていることはよくあります。そもそも大学生であればそうしたことはあり得るからです。

ストレートに入学しているとしても2年次には20歳を超えている人が多いでしょう。ですから、学生でもキャッシングサービスを利用することは可能になっています。

しかし、収入があること、というのが最低条件になります。学生ですから正規雇用は殆どないでしょうから、アルバイトということになります。アルバイトであろうともそれは収入として認められることになりますから、その点はそこまで心配することはないでしょう。しかしながら、そもそもお金を借りる、という行為はなかなか重いですから注意しましょう。

消費者金融系でもおまとめローンがあることを知っていますか?

キャッシングの中でも、今やおまとめローンが非常に人気の金融商材となっています。

それは、長い日本経済の情勢不安定により、多くの家庭がローン契約やキャッシングといった手段に頼っており、景気回復後に大幅に返済を行うといった手段を考えていました。

しかし、借り入れ時の金利により経過利息が発生するため、返済金額が少なからずとも契約申込時の予想とは乖離が生じます。

そこで検討する方法が、早い段階で金利の低いおまとめローンへ借り換えを行うことですが、総量規制対象外となる銀行系ローンを選択することが多くあります。

そもそも、消費者金融の場合、貸金業法が適用され総量規制があると有名ですが、『貸金業法に基づく借り換え専用ローン』というものが知られていません。

実際には、このおまとめローンの場合、総量規制すなわち年収の1/3までの融資額以上となります。

金利については、銀行系おまとめローンよりも高くなる傾向がありますが、審査が不通過となる場合において選択肢の一つとなります。

おまとめローンの多くはキャッシングやカードローンの返済を一本化することが目的であり、少しでも金利が低いおまとめローンを利用することがポイントとなります。

また、過払い金が発生していた場合、完済から10年以内に返還請求を行うことである程度の利息を回収することも可能となります。

楽天銀行スーパーローンの申し込みが出来る人

銀行のカードローンは低金利で利用限度額が高い、という利点がある一方で、契約の際には多くの書類が必要だったり正社員でなければ申し込みができなかったりと、様々な制約があることが多くなっています。しかしネット銀行として有名な楽天銀行のカードローンである楽天銀行スーパーローンならば、低金利で利用限度額が高い上に申し込みも難しくなく、また多くの人の申し込み受付中が可となっています。

楽天銀行スーパーローンは金利が年4.9%から14.5%と消費者金融の商品に比べて低くなっていますし、最大の利用限度額は500万円と高額設定で、そのうち300万円までの利用限度額の申し込みであれば収入証明書の提出は不要となっています。

さらに申し込みの対象となっている人は正社員だけにとどまらず、パートやアルバイトでも申し込みが出来ますし、さらには専業主婦の受付さえも可能となっているのです。パートやアルバイトの場合は安定的な継続収入があることが申し込みの条件となっていて、専業主婦の申込の場合は別に設けられた専用の申し込みページから申し込みをする必要があります。

なお専業主婦の申し込みの場合は通常の楽天銀行スーパーローンよりも利用限度額も金利も契約条件がやや異なるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

おまとめローンを利用するタイミング

キャッシングを頻繁に利用している人にとって、おまとめローンはある種の救世主的な存在です。キャッシングでたくさんのお金を借りている人は、複数の会社を掛け持ちしながら、限度額がいっぱいになるまで利用をしています。

しかし、複数社を同時利用するということは、リボ払いでの支払いをすることになりますから、毎月の返済額は1社で単独利用している時よりも数倍の金額になってきます。それが、非常に負担になるため借金を返済するための借金をするという悪循環になりがちです。

それを避けるためにあるのが、おまとめローンです。簡単に言うと、複数の会社に借りていたお金を、一つにまとめて返済を楽にするというものです。ただ、単に一つの会社に集約するということではなく、一緒に金利も安くなります。

なぜ、金利が安くなるのかというと、貸金業法では100万円を超える融資を受ける場合には金利が安くなるように設定されているのです。ですから、20万円を5社で借りる時よりも、100万円を1社で借りる時の方が、金利の最低限の設定利率が少なくなります。

そのため、トータルで考えると金利手数料が安い状態で、キャッシングを利用することが可能になるのです。では、このおまとめローンはどうやったら利用できるのかというと、これも専門で行っているカードローンやキャッシング会社に申し込みをすることになります。

自分の借金が膨れてきたなと感じたら、どれくらいの金額を借りているかを計算してみて、おまとめローンを選択するという方法もあります。

総量規制と主婦のキャッシング

総量規制の法律が実施されてからは年収の3分の1を超える消費者金融でのキャッシングが不可能となりました。これによりアルバイトやパートをしている主婦はキャッシングこそはできるもののキャッシングできる限度額がとても少額になってしまいましたし、収入のない専業主婦に至ってはキャッシングができなくなってしまったのです。

主婦や専業主婦でも申し込みができるおすすめのローンサービスとして推したいのが銀行のカードローンとなります。銀行のカードローンは総量規制対象外となっているので、アルバイトやパートをしている主婦や専業主婦でも申し込みができるのです。

特に主婦におすすめしたい銀行のカードローンが楽天銀行スーパーローンになります。

楽天銀行スーパーローンはインターネットで申し込みができるので一般的な銀行のカードローン申込のように窓口へ行く必要がありませんし、アルバイトやパートをしている主婦はもちろん、専業主婦の申込にも応対しているという大きな利点があるのです。

キャッシングの審査に通過しやすい人とは?

お金を貸す立場にある金融機関にとって最も心配なのは、貸したお金がちゃんと返済されるのかということです。返済されずにただ一方的に貸す状況では、商売として成立しません。キャッシングの審査に通過しやすい人とは、金融機関から返済能力があると信用された人のことを指します。

返済能力があると信用されるためには、安定した収入を確保できるような状況にあると証明しなくてはなりません。この安定した収入は、金額が高いほど有利です。年収200万円の人よりも年収400万円の人のほうが信用されやすくなります。また、安定した収入を得ている方法についても信用度に差が出てきます。無職で親の援助を受けている人よりも、大手の企業で正社員として働いている人のほうが信用されやすいです。勤続年数が1年未満の人よりも10年以上の人のほうが断然有利に信用されることになります。

キャッシングの審査に通過しやすい人について理解しておくと、金融機関を選択するときやキャッシングの申し込みをするときに対策を練りやすくなります。きちんと理解してから行動に移すようにしましょう。