返済日にどうしても約定返済金が準備できない時、どうすればいい?

冠婚葬祭などが立て続き、突発的な出費により現金の手持ちや預貯金が足りなくなるケースは少なからずあります。そのような場合、キャッシングローンを利用することでしのぐことが出来ます。しかし、キャッシングローンの返済期間中に同様の自体が生じた場合、返済日までに返済金額(約定返済金)が準備出来ない可能性はあります。そのような場合、他のカードローンから借り入れをして返済するといった行為は債務超過状態となり、翌月以降も返済に苦しむことになります。

では、このような状況において、現金を確保出来ない場合はどうすれば良いかと言うと、借入先にへ相談することが重要になります。相談の結果、利息分以上の金額を返済することで乗り切れる可能性があります。

また、消費者金融の場合は予めこのようなサービスを案内しているケースがあり、キャシング契約を検討する段階から対応しているか確認しておくことで万が一の際に於ける対応策を確保することが可能です。特にアコムの場合、一時的な約定返済金の減額をすることが可能となっています。

一時的に約定返済金を減額することで、総返済額および返済期間に影響が出てしまうものの、遅延損害金や個人信用情報にダメージを受けることを回避する方が重要です。

キャッシングの返済は短期に済ませる

普通に生活していても、急にまとまったお金が必要になることはあります。キャッシングを利用することによって賢くお金を回せば利便性が高くなることも少なくありません。

しかし、金融業者からのキャッシングには金利がかかり、利息をプラスして返済しなければなりません。利息をなるべく少なく済ますことはキャッシングの利用では鉄則と言っていいですが、利息を少なくするのにももっとも効果があるのは短期で返済してしまうことです。無理な返済計画を立てる必要はありませんが、自分で考えているよりも短期で返済することは利息を抑えることに役立つのです。完済してしまえば、その後は返済も利息もなくなってしまうことを理解すべきで、そのために必要なのは短期で返済することです。

どうしても月々の返済額をあまり多くできないという人は繰り上げ返済を活用することでやはり利息額を大幅に減らすことができます。繰り上げ返済はすべて元本の返済に回されるので、繰り上げ返済以降の返済が有利に回ります。このくらいは繰り上げ返済しても仕方がないのでは、と考える必要はありません。繰り上げ返済が可能な金額をあれば、さっさと返済してしまうことが利息額を抑えるコツです。

中小消費者金融の場合、保証人はあくまで原則不要!その上、保証料が取られる危険性も!

銀行や大手消費者金融の場合、キャッシングローンは無担保ローンとなり、保証人が不要かつ保証料も利息に含まれるのが一般的です。そのため、銀行カードローンやフリーローンの場合、保証会社の審査を通過することが一番の鬼門になります。また、消費者金融の場合は保証会社を利用するのではなく、金利自体をリスクを考慮した設定にすることで万が一に備えています。

しかし、中小消費者金融の場合は大手消費者金融とは異なり、資本力が大幅に少ないため、貸し倒れのリスクが非常に高くなる融資は、『保証人不要』と掲げながら保証人が必要になるケースや利息以外に保証料金を取られる危険性があります。特に保証料の場合、契約者に対し保証委託先を通知する必要がある上、保証契約自体は『貸金業者と保証会社』ではなく、『契約者と保証会社』になります。

そのため、契約者の同意無しに利用することは通常あり得ないという問題もあります。また、貸金業者と保証会社間の契約である場合、借り入れする契約者に対し掛け金を請求する点にも問題があります。

中小消費者金融といっても、大手消費者金融に次いで大きな中堅消費者金融の他、街金融といった小さな貸金業者もあります。そのため、申し込みをする際は、予め商品概要をしっかりと確認し、保証人や保証料の内容を把握することが重要です。特に高額な保証料を請求されるケースが報告されている貸金業者は、実質的な利息と見做した場合、契約者が受けるリスクが大きくなってしまいます。

利用しているカードローンにより増額申込みは慎重に行いましょう

カードローンの利用規約には、半年または1年経過した段階で増額申込みが出来ると記載されています。カードローンへ申込みを行った際には、過去に取引実績が無ければ貸金業者が考えている限度額ギリギリまでの与信枠を出すことはしないでしょう。実際に半年以上延滞なく返済出来た場合に限り、審査を再度行なうことで利用可能枠の増額を行います。

信販会社や消費者金融が行っているカードローンならば、増額申込みはさほど警戒する必要はありません。利用限度額ギリギリで使っている場合には、個人の与信力が不足している可能性があるので、一概に増額申込みは避けると良いでしょう。増額申込みをすると、都度審査が行われるので利用限度額が増額・現状維持・減額のどれかになります。新規申し込み時に準じた審査を毎回行なう点が特徴です。

しかし、銀行カードローンについては事情が異なり、銀行側からの増額申込みを案内するインビテーション通知が来てから申し込む必要があります。利用規約では、半年または1年以上の利用実績があれば増額申込み出来ることになっていますが、実際に増額が通る可能性は低いと考えられます。インビテーションを受けての増額申込みであれば、実際に増額が既に決定済みというケースが少なくありません。

おまとめローンの審査と他社借入件数

複数の借入を一本にまとめることが出来るおまとめローンは金融機関の審査を通って利用することが出来れば、債務者にとっては大きなメリットになるローン商品です。しかし、おまとめローンは多重債務者が対象ということと、複数の借入をまとめるので金額が多くなることから、金融機関の審査は他のローン商品と比べても厳しくなることがほとんどです。メリットを考えれば、おまとめローンを利用したい人は多いと思われますが、おまとめローンの審査に大きな影響を与えるのが、借入件数が何社であるかということです。もちろん、借入件数が少なければ少ないほどおまとめローンの審査には有利に運びます。例えば、合計すると同じ額の借入があっても5件の借入よりも2件の借入の方がおまとめローンの審査時には2件の借入件数の方が審査に通りやすくなっています。

おまとめローンを利用したいと考えている人は借入件数を少なくすれば、審査には通りやすくなります。完済に近い借り入れなどは繰上げ返済などを利用して完済してしまえばそれだけ借入件数は減ることになるので、完済してしまう価値はあります。一概には言えませんが、借入件数を3件以下にすることがおまとめローンの審査に有利となるようです。

パートなのでキャッシングの審査が心配でしたが大丈夫でした

パートで働いているひとでも消費者金融のキャッシングが利用できるらしいことは私も知っていました。大手の消費者金融の公式サイトを見てみると、確かにパートやアルバイトで働いているひとでも申し込みができると書いてありますが、私は半信半疑のまま申し込みました。私が申し込んだのはアコムでした。テレビのコマーシャルで何度も見たことがあったので安心感がありアコムにしました。アコムの公式サイトには融資を受けられるかどうかを短時間で調べられるようになっています。申し込みをする前に私も融資が受けられる可能性があるのかどうかをまず調べてみしまた。

調べてみて私でも融資が受けられる資格があることが判ったから正式な手続きを取りました。その後は自分で考えていた以上にスズに審査に通ってしまいました。担保を取られることもなく連帯保証人も必要もなくパートの私も消費者金融から融資を受けられるようになったのですから、改め考えてみるとあり得ないことのようにも感じられてしまいます。キャッシングで借りたのは2万円でした。その2万円はパート代を貰った日にATMから全額返済しました。無利息キャッシング期間内に返済できたので利息が1円もかからなかったのも助かりました。これからもお金がどうしても必要になったときはキャッシングを利用さてせもらおうと思っています。

アイフルを利用するとメリットになる点

消費者金融は大手の銀行の傘下に入って経営をしている業者が増えてきていますが、アイフルは現在も独立を貫いています。独立を貫いていると経営面で不安な印章もありますがが、利用するとメリットになる点もいろいろあります。そこでアイフルを利用するとメリットになる点を見ていく事にしましょう。

アイフルは通常のキャッシングサービスの他におまとめローンのかりかえMAXやおまとめMAX、女性専用のレディースアイフルなど金融商品が多いというのが特徴です。金融商品が多いといろいろな目的で利用する事が出来るので目的に合ったキャッシングがしやすいというのがメリットになります。

インターネットでキャッシングの申し込みをするとカードが自宅に郵送されてきますが、アイフルは郵送時間を指定する事が出来る配達時間えらべーるというサービスを利用する事が出来ます。配達時間えらべーるを利用すると自分の都合の良い時間にカードが郵送されるので家族に内緒でキャッシングする事が出来るというメリットがあります。

総量規制対象外になる高額の借入をしたい時には?

現在は貸金業法で規制されているため、年収の1/3を越える借入をすることが出来ません。でもまとまったお金が必要になる時がありますね。すでにあちこちの消費者金融で借り入れているため1/3を越えてしまうという場合にはどこで借りたら良いのでしょうか。

銀行は総量規制対象外ですので、年収の1/3を越える借入を申し込むことが出来ます。どうしてもお金が必要だという時には、銀行のキャッシングを利用するという選択肢もあります。ただし銀行は消費者金融よりも審査が厳しいですので、複数社で借りていて返済事故を起こしたことがある場合には、借りることが出来ない可能性は高いです。

まだキャッシングを利用したことはないけれど、年収の1/3以上の額を借りたいという時には迷わず銀行のキャッシングに申込みをすることです。金利も消費者金融と比べて銀行のほうが安いですので、総量規制にひっかからなくても高額の借入になる場合には、銀行のほうが金利面で有利な契約をすることが出来ます。

キャッシングの借り換えタイミングとは

キャッシングの借り換えタイミングはわかりやすくいいますと金利です。低金利なところが見付かったのであればそれが一つの時期といえるでしょう。それだけのメリットが低金利で借りること、借り換えることにあるのです。前倒しで返済する事に関して手数料を求められることはありませんから、それは心配しないでよいでしょう。

住宅ローンなどですとどうしてもそうしたことがありますから、借り換えに消極的になってしまう人が多いのです。キャッシングからカードローン、という借り換えもまったく問題ないでしょう。それはそれでまったく問題ないことであるといえますから、少しでも低金利になるのであればそれは積極的に行っていくようにしましょう。

そもそもお金を借りることに関して抵抗感を持っている人は多いです。それはそれで正しい認識ではあるのですが、さすがに本当に困っている時にまで借りない、という行動はよくないでしょう。必要であれば借りるべきですし、借りた後によいところが見付かったらそちらに借り換える、というのも十分にありといえます。お金がかかっていることですから、よいタイミングを見計らうべきでしょう。それが低い金利のところが見つかった時なのです。

学生であろうとキャッシングができます

キャッシングサービスの条件なのですが、まずは20歳以上であること、というのがあります。これは基本的に重要なポイントであるといえます。どうしてなのか、といいますと未成年とは契約行為自体が困難になるからです。

少なくとも金銭貸借に関しては厳しいと言わざるを得ないのです。ですから、学生であろうともキャッシングサービスは利用することができるのですがそれでも20歳は超えている必要があるのでこれはしっかりと覚えておくとよいでしょう。学生といっても20歳を超えていることはよくあります。そもそも大学生であればそうしたことはあり得るからです。

ストレートに入学しているとしても2年次には20歳を超えている人が多いでしょう。ですから、学生でもキャッシングサービスを利用することは可能になっています。

しかし、収入があること、というのが最低条件になります。学生ですから正規雇用は殆どないでしょうから、アルバイトということになります。アルバイトであろうともそれは収入として認められることになりますから、その点はそこまで心配することはないでしょう。しかしながら、そもそもお金を借りる、という行為はなかなか重いですから注意しましょう。