タグ別アーカイブ: 銀行

銀行系カードローンがお得です。

ネットで検索するだけでも、数多くのカードローン会社が存在します。カードローン会社には、大きく分けて消費者金融と銀行系のカードローンの二種類があります。

それぞれの特徴がありますが、返済額なども総合的にみると銀行系のカードローンの方がお得です。

大多数の消費者金融の最大金利は18%に設定されていますが、銀行系のカードローン会社では12%から14%ぐらいに抑えられています。わずかな違いと思われるかもしれませんが、返済期間が長期化する場合や借入金が多額の場合には大きな違いになってきます。

また、消費者金融には総量規制が適用され、年収の3分の1を超える貸し付けを行うことは出来ません。それに対して銀行系のカードローン会社は総量規制の適用がないため、銀行の裁量で3分の1を超える貸し付けも可能です。

カードローンには大別して2種類に分類できます

最近猫も杓子もカードローンでお金を借りる時代となっています。

一言でカードローンと言っても消費者金融や信販会社、銀行などのカードローンがあります。

どれも似たようなものですが、適用される法律によって分類されるのです。

まず貸金業法で規定されるのが消費者金融と信販会社のカードローンです。

さらに付け加えるとクレジットカードのキャッシング枠もこれに分類されます。

その特徴は総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借りられないことです。

なお複数社から借り入れている場合は、借り入れ総額が年収の3分の1に収まる必要があります。また金利も上限横並びで、年18%が一般的です。

一方銀行カードローンは銀行法が適用され、総量規制の対象外となります。

金利が消費者金融などよりも低いのが特徴で、より審査の厳しいプレミアムカードローンならより低金利です。

なお原則専業主婦が借り入れるのは、銀行カードローンのみです。

銀行系カードローンのメリット

銀行からお金を借りるというと住宅ローンか事業資金、というのはもはや大昔の感覚で、今では消費者金融と同じように、保証人なし・担保なしで借りられるカードローン(いわゆるキャッシング)のサービスを行っています。

大手消費者金融と比べると審査が厳しめ、審査に時間がかかるので、すぐに借りたい人には不向き、というデメリットがありますが、銀行のカードローンには様々なメリットがあります。何よりも大きなメリットは、金利の低さ。消費者金融のカードローンの金利上限が約18%なのに対し、銀行系のカードローンは1~3%低めに設定されている場合が多くなっています。

カードローンでは借入金額等の条件によって金利が変わってきますが、多くの場合、上限金利が適用される場合が多いので、長期に渡って借りるような時は、1%の差が大きな負担になってきます。また、借入限度額が高めに設定されているのも特徴です。消費者金融では、総量規制によって年収の3分の1以上の金額を借りることができないので、高額融資を希望する場合は銀行が頼りになってきます。

ほとんどの銀行では、口座を持っていなくてもカードローンを利用できるようになっていますが、既に口座を持っている銀行に申し込むと、提出書類が少なくて済む等の利便性もあります。銀行のカードローンを検討する場合は、まず、既に口座を持っている銀行をチェックしてみるのもよいでしょう。