タグ別アーカイブ: 消費者金融

消費者金融は窓口審査の方が柔軟になりやすい

大手消費者金融は、店頭窓口をほとんど閉鎖しているので、自動契約機コーナーまたはインターネット経由の申込みを行なう必要があります。しかし、スコアリング審査の段階で落ちてしまうケースでは、焦って何社も申込むとかえって申し込みブラック状態となりかねません。そこで、中小消費者金融へ出向いて窓口審査を受けてみると良いでしょう。

中小消費者金融では、自動契約機コーナーを全国に設置することは、設備投資と審査センター開設が採算に合わなくなるので行っていません。窓口審査とインターネット経由での申込が一般的ですが、可能な限り窓口審査を受けてみると良いでしょう。

なぜなら、窓口審査ならばカウンターに座っている状態で目の前で担当者が審査を行います。審査が難航したとしても、店長と相談の上で追加ヒアリングを行ってもらえるので、属性審査だけですぐに審査落ちとすることはありません。他に融資に結びつく追加情報が無いかと店頭窓口に来ている本人に直接聞けるわけです。

審査担当者から審査中に受ける追加質問や雑談については、審査対象となっていることを覚えておくと良いでしょう。追加の審査内容をヒアリングされていることを知らずに、変な回答をしてしまうと審査落ちになってしまいます。

消費者金融系でもおまとめローンがあることを知っていますか?

キャッシングの中でも、今やおまとめローンが非常に人気の金融商材となっています。

それは、長い日本経済の情勢不安定により、多くの家庭がローン契約やキャッシングといった手段に頼っており、景気回復後に大幅に返済を行うといった手段を考えていました。

しかし、借り入れ時の金利により経過利息が発生するため、返済金額が少なからずとも契約申込時の予想とは乖離が生じます。

そこで検討する方法が、早い段階で金利の低いおまとめローンへ借り換えを行うことですが、総量規制対象外となる銀行系ローンを選択することが多くあります。

そもそも、消費者金融の場合、貸金業法が適用され総量規制があると有名ですが、『貸金業法に基づく借り換え専用ローン』というものが知られていません。

実際には、このおまとめローンの場合、総量規制すなわち年収の1/3までの融資額以上となります。

金利については、銀行系おまとめローンよりも高くなる傾向がありますが、審査が不通過となる場合において選択肢の一つとなります。

おまとめローンの多くはキャッシングやカードローンの返済を一本化することが目的であり、少しでも金利が低いおまとめローンを利用することがポイントとなります。

また、過払い金が発生していた場合、完済から10年以内に返還請求を行うことである程度の利息を回収することも可能となります。