タグ別アーカイブ: レイク

レイクは3月までは新規契約は可能です

2018年を迎えても新生銀行カードローンレイクのCMはバンバン放送されています。実はレイクは今年の3月までで廃業して新会社に移行すると発表されており、最後に一稼ぎしようと目論んでいるのかもしれません。

レイクの公式サイトを見ると、即日融資のことは大々的に書かれていませんが、よくある質問のところを見ると自動契約機なら30~45分でカードの発行が可能と書かれています。この1月から銀行カードローンは即日融資が禁止されているはずですが、あくまで自主規制です。ですから新生銀行が即日融資を行っても法的に問題はありません。

新生銀行カードローンの最大のウリは5万円までなら180日間の無利息サービスが選択できることです。2月か3月に新規契約すれば、夏のボーナスで一括返済すれば無利息で利用できます。

ですから最後にレイクと契約するのもアリですね。

レイクのサービスを最大限に活用するには

新生銀行の融資サービスであるレイクは、Web申込みで店頭まで足を運ばなくても申込みが出来る仕組みになっています。キャッシングをするには、新規申込みをして審査を通過しなければいけません。

レイクのサービスを最大限に活用するには、2つの無利息ローンの使い分けとカードレスで融資や返済が出来るWeb完結の利用です。無利息ローンは、初回利用を条件に、30日間無利息にするか、5万円まで180日間無利息にするという仕組みが提供されており、利用者のニーズに応えられるようになっています。

Web完結は、審査を通過して契約後、カードの到着を待たずに、融資をしてもらえるサービスであり、融資をスムーズに行うのに重宝するサービスです。

レイクにはお得な入会特典がある

新生銀行カードローンレイクでは、初めてのカードローン契約を行い、一定の条件を満たした人に対して、100ポイント分のTポイントを付与するというお得な入会キャンペーンを実施しています。Tポイントをもらうための具体的な条件などについてみていきましょう。

Tポイントをもらうためには初めてレイクのカードローンに契約をし、入会月の翌月末までにエントリーフォームからキャンペーンへエントリーし、eメールアドレスの登録を済ませ、Web会員ページに少なくとも1回ログインする必要があります。

これらの作業を全て済ませることでTポイントをもらうことができるので、入会したらできるだけ早いうちに3つの作業を済ませることをおすすめします。

レイクのカードローンを選ぶメリットとは

手軽に申込ができる上に審査スピードも早い銀行カードローンとして、多くの人に支持されているのが新生銀行カードローンレイクのカードローンとなります。このレイクのカードローンを選ぶことで享受できるメリットについて、詳しく解説を行っていきます。

・年収に関係なく借り入れができる

レイクのカードローンは銀行系カードローンであり、総量規制対象外となっています。消費者金融のカードローンは総量規制の対象となっているため、年収の3分の1を超える借り入れは不可とされていますが、レイクのカードローンならば、年収に関係なく借り入れができるのです。

・即日借り入れに対応

銀行系カードローンといえば審査に時間がかかるというイメージがありますが、レイクのカードローンは審査が非常に早くなっています。無人契約機から申し込みをした場合、審査完了まで最短で50分程度となっていますし、最短で申し込みをしたその日のうちから借りれができるのです。

・Tポイントがもらえる

レイクでは新規契約を行い、エントリーを済ませてWeb会員ページにログインしてメールアドレスを登録することで、Tポイントをもらうことができます。借り入れなどをしなくてもポイントがもらえるのは嬉しいですね。

レイクで利用できる無利息サービス

消費者金融系のキャッシングには、無利息期間がついていることがあります。たとえば初めてキャッシングを利用した人の場合、30日間のみ無利息になるといった具合です。

消費者金融ではありませんが、レイクでもこの初回限定の無利息サービスを利用できます。しかもレイクでなら、無利息期間を30日と180日のどちらかから選ぶことができるのです。

具体的には、借り入れしたお金の全額を無利息にしたい場合には、30日を選ぶことになります。そして借り入れしたお金のうち5万円までを無利息にしたい場合には、180日を選ぶことになるのです。したがってレイクでは、多めの金額を借り入れする際には30日を、少なめの金額を借り入れする際には180日を選ぶと、よりお得に利用できると言えます。そのため利用前に、どちらが自分に適しているかを考えることが大事です。

ただしどちらを選んだ場合も、借り入れをしたその日から、日数がカウントされることになります。つまり30日の場合、無利息期間が終わるのは借り入れをした30日後ではなく、29日後となるわけです。その翌日からは、通常の利息が発生することになるので、完全無利息での利用を希望している場合には、返済日に気をつける必要があります。