タグ別アーカイブ: キャッシング

パートなのでキャッシングの審査が心配でしたが大丈夫でした

パートで働いているひとでも消費者金融のキャッシングが利用できるらしいことは私も知っていました。大手の消費者金融の公式サイトを見てみると、確かにパートやアルバイトで働いているひとでも申し込みができると書いてありますが、私は半信半疑のまま申し込みました。私が申し込んだのはアコムでした。テレビのコマーシャルで何度も見たことがあったので安心感がありアコムにしました。アコムの公式サイトには融資を受けられるかどうかを短時間で調べられるようになっています。申し込みをする前に私も融資が受けられる可能性があるのかどうかをまず調べてみしまた。

調べてみて私でも融資が受けられる資格があることが判ったから正式な手続きを取りました。その後は自分で考えていた以上にスズに審査に通ってしまいました。担保を取られることもなく連帯保証人も必要もなくパートの私も消費者金融から融資を受けられるようになったのですから、改め考えてみるとあり得ないことのようにも感じられてしまいます。キャッシングで借りたのは2万円でした。その2万円はパート代を貰った日にATMから全額返済しました。無利息キャッシング期間内に返済できたので利息が1円もかからなかったのも助かりました。これからもお金がどうしても必要になったときはキャッシングを利用さてせもらおうと思っています。

キャッシングの借り換えタイミングとは

キャッシングの借り換えタイミングはわかりやすくいいますと金利です。低金利なところが見付かったのであればそれが一つの時期といえるでしょう。それだけのメリットが低金利で借りること、借り換えることにあるのです。前倒しで返済する事に関して手数料を求められることはありませんから、それは心配しないでよいでしょう。

住宅ローンなどですとどうしてもそうしたことがありますから、借り換えに消極的になってしまう人が多いのです。キャッシングからカードローン、という借り換えもまったく問題ないでしょう。それはそれでまったく問題ないことであるといえますから、少しでも低金利になるのであればそれは積極的に行っていくようにしましょう。

そもそもお金を借りることに関して抵抗感を持っている人は多いです。それはそれで正しい認識ではあるのですが、さすがに本当に困っている時にまで借りない、という行動はよくないでしょう。必要であれば借りるべきですし、借りた後によいところが見付かったらそちらに借り換える、というのも十分にありといえます。お金がかかっていることですから、よいタイミングを見計らうべきでしょう。それが低い金利のところが見つかった時なのです。

学生であろうとキャッシングができます

キャッシングサービスの条件なのですが、まずは20歳以上であること、というのがあります。これは基本的に重要なポイントであるといえます。どうしてなのか、といいますと未成年とは契約行為自体が困難になるからです。

少なくとも金銭貸借に関しては厳しいと言わざるを得ないのです。ですから、学生であろうともキャッシングサービスは利用することができるのですがそれでも20歳は超えている必要があるのでこれはしっかりと覚えておくとよいでしょう。学生といっても20歳を超えていることはよくあります。そもそも大学生であればそうしたことはあり得るからです。

ストレートに入学しているとしても2年次には20歳を超えている人が多いでしょう。ですから、学生でもキャッシングサービスを利用することは可能になっています。

しかし、収入があること、というのが最低条件になります。学生ですから正規雇用は殆どないでしょうから、アルバイトということになります。アルバイトであろうともそれは収入として認められることになりますから、その点はそこまで心配することはないでしょう。しかしながら、そもそもお金を借りる、という行為はなかなか重いですから注意しましょう。

キャッシングの審査に通過しやすい人とは?

お金を貸す立場にある金融機関にとって最も心配なのは、貸したお金がちゃんと返済されるのかということです。返済されずにただ一方的に貸す状況では、商売として成立しません。キャッシングの審査に通過しやすい人とは、金融機関から返済能力があると信用された人のことを指します。

返済能力があると信用されるためには、安定した収入を確保できるような状況にあると証明しなくてはなりません。この安定した収入は、金額が高いほど有利です。年収200万円の人よりも年収400万円の人のほうが信用されやすくなります。また、安定した収入を得ている方法についても信用度に差が出てきます。無職で親の援助を受けている人よりも、大手の企業で正社員として働いている人のほうが信用されやすいです。勤続年数が1年未満の人よりも10年以上の人のほうが断然有利に信用されることになります。

キャッシングの審査に通過しやすい人について理解しておくと、金融機関を選択するときやキャッシングの申し込みをするときに対策を練りやすくなります。きちんと理解してから行動に移すようにしましょう。

3種類のキャッシングの比較

初めてキャッシングの利用を考えている人は、キャッシングには3種類あることを覚えていきましょう。

3種類とは消費者金融のカードローン、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングです。
それぞれに特徴があって長所と短所があります。

消費者金融はアコムやプロミス、レイク、アイフル、モビット、ノーローンといった大手の有名会社と、それ以外の無数の中小会社があります。

大手、中小ともに金利は横ばいで100万円以内なら18.0%が適用されてますが、プロミスはほんの少しだけ低い17.8%です。

金利の面では優位性はありません。消費者金融の利点は審査のスピードと審査の柔軟性です。大手なら即日融資はどの会社でも可能としています。

銀行カードローンは三大メガバンクは当然として、地方銀行、ネット銀行、それと信用金庫なども含みます。

銀行カードローンは金利の低さと限度額の大きさが特徴です。総量規制の対象外でもあるので限度額の大きさはかなりの利点です。

審査スピードは消費者金融に負けますが、急いでいないのなら問題は無い早さです。また銀行という名前が安心感を与えてくれます。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードに付いている機能です。クレジットカードをすでに持っているならすぐに利用できます。

金利は100万円までは18.0%ですが、そもそもクレジットカードのキャッシングで100万円以上借りる人がいるとは思えません。

欠点はショッピングの限度額の一部になっていることです。つまり30万円のショッピングの限度額と20万円のキャッシング限度額があるカードで、20万円をキャッシングすればショッピングはあと10万円しか使えません。逆の場合、ショピングで25万円使っていたらキャッシングは5万円しか出来ません。

クレジットカードはキャッシング機能を無くして、ショッピングのみの利用とすることも出来ます。

金利の低さで選ぶなら銀行カードローンで、今日すぐにお金が必要となったら消費者金融、クレジットカードを作った時に念の為に確保しておくのがキャッシング枠、こんな感じでどれを選択するか考えてみると良いでしょう。

キャッシングをする際には比較をする事が大切です

普段生活をしていると、大金を使う機会も多々あります。

事前に計画をしていれば、逆算をして貯蓄をしたり、収入を増やしたりという事も出来ますが突発的にお金を使わなければならないという事もあります。

そのような時に、日頃貯蓄をしていればいいのですがそのような方ばかりではないです。

しかし、周囲に借りる事が出来なかったり、自力での工面が難しい時もあります。

その際は、キャッシング業者に頼るという事も一つの方法です。

ただ、キャッシングをするといっても数多くの業者がありますので、どこを選んでいいものか初めての方であればわからないものです。

何も調べずに、知っている業者や自宅から近い所で選んでしまったりすると、のちに後悔をする可能性があります。

特に、利息の面は借りる金額や期間によって利率が大きく異なる為、しっかりと比較をする必要があります。

比較をするにあたって重要になるのが、インターネットになります。

最近では、ホームページを持っている業者がほとんどで自宅に居ながら比較をする事が可能です。

その為、自宅に居ながら比較をする事が可能なため、24時間いつでも比較検討する事が出来ます。

インターネットを確認して、自分自身が借り入れしたい金額を考えた上でキャッシング業者を検討すると、後悔しないでキャッシングが可能です。

これからキャッシングを考えているのであれば、すぐに借り入れの審査を受けるのでなく一度しっかりと比較をして、お金を借りる事が重要です。

キャッシングの返済遅れると・・・

キャッシングやカードローンを利用しているなかで返済が遅れてしまったり返せないような事態にのることもあると思います。

そんなときどういった対応をするべきなんでしょうか?

まず、絶対してはいけないのが放置することです。

支払いが遅れると遅延損害金が発生しますが、これはほとんどの業者では20%くらいに設定されていると思いますが、かなりの金額になります。

放置すればするほど加算されていきます。

遅れてしまってまずするべきことは、業者への連絡です。

いつくらいまでなら返済ができるかということを伝えるようにするとそれほど問題にはなりませんが、連絡をしないで放置していると催促の電話や通知がきますし、一括で全額返済を迫られることもあります。

上手に借りるコツってあるんです。

はじめてのキャッシングならそれほど心配しなくても一般的な収入があれば、大体借りることはできると思います。
ま、これも程度の問題はあると思いますが。

基本的にキャッシングする場合、総量規制の範囲内でないと借入れをすることができません。

すでにどこかで借りている場合は、それらも合算することが重要です。

ちなみに、どこからどれだけ借りているかというのは信用情報機関に登録されていますので、
ウソをついた段階で審査に否決されてしまいますので注意が必要です。

また、総量規制は年収の3分の1までに借入れを制限する法律ですが、
そのカウントは実際に借りている金額ではなくキャッシング枠になるので焦らないようにしてください。