タグ別アーカイブ: キャッシング

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックにキャッシングの申し込みをする時は運転免許証を忘れずに!

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは上限金利が15%以下で設定されていてしかも即日融資にも対応してくれるオススメのカードローンです。それにより利用者が増えてきていて人気がありますが、申し込みをする時に注意したい点があるので確認していきましょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは店舗の中に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると審査が即日回答されます。それで審査が可決されて契約手続きが完了するとキャッシングカードが発行されます。キャッシングカードが発行されたら店舗内の中に設置されているATMでお金を借りる事が出来ます。しかしテレビ窓口で申し込みをする時は運転免許証が必要になるので必ず持参するように注意しましょう。

キャッシングの限度額は信用と共に上がっていく

私はカードローンを利用してキャッシングを何度もしています。
キャッシングをする際には初めに審査に合格する必要がありますが、よほどのことがない限り審査には合格するでしょう。ただ、利用限度額は初めは多く設定されることはめったにありません。
収入にもよりますが、初めは10~30万円と言ったところでしょうか。新規での申し込みの際に300万円の利用を希望しても、300万円借りれることはまずないと言う事です。
無担保でのキャッシングの場合は、どの業者でもほとんど変わりがありません。なので、初めから多くのお金を借りる事は出来ないと思っておいて下さい。

でも、利用限度額は信用と共に増えて行く事は間違いありません。私の経験上、3~5か月間キャッシングを利用して遅れる事無く返済をしていれば限度額を見直してくれます。
キャッシングを扱っている会社も商売なので、お金を貸す事が目的なのです。その為、キャッシングをしている会社から電話がかかってきて、利用限度額が増えた事を伝えてくれるでしょう。
私は初め10万円の利用限度額から始まりましたが、2年ほどキャッシングを繰り返す内に利用限度額が100万円まで増える事になりました。

毎月の返済を遅れる事無く、信用を勝ち取った証です。初めてキャッシングをする方には知っておいてもらいたい事です。

専業主婦がキャッシングをする時に銀行カードローンを利用した方がいい2つの理由

専業主婦がキャッシングをする時は銀行カードローンを利用する方法と夫婦の年収を合算する事が出来る中小の消費者金融の配偶者貸付を利用する方法があります。

基本的には自分の都合の良い方を選ぶ事が出来ますが、銀行カードローンを利用した方がいいと言われています。そこでなぜ専業主婦がキャッシングをする時に銀行カードローンを利用した方がいいのか理由を挙げていく事にしましょう。

銀行カードローンと配偶者貸付を利用する事が出来る中小の消費者金融の金利を比較してみると銀行カードローンの方が低く設定されています。特に専業主婦は借り入れをする時にリスクを出来るだけ抑えていく必要があるので金利が低く設定されている銀行カードローンを利用した方がいいです。

中小の消費者金融はサービス面があまり充実していませんが、専業主婦が利用する事が出来る銀行カードローンは大手銀行やネット銀行が多いのでサービス面が充実しています。サービス面が充実している方が安心してお金を借りる事が出来るので銀行カードローンを利用した方がいいです。

専業主婦がキャッシングをする時に銀行カードローンを利用した方がいい理由はこのようにあるので実際に金欠の状態になった時は銀行カードローンに申し込みをするといいでしょう。

返済計画がきっちりと立てられているなら上手にキャッシングを利用

生活費がどうしても足りなくなり、冠婚葬祭や他の出費が重なったため、お金が必要になりました。

自宅の近くに住んでいた三菱東京UFJ銀行カードローンの広告を見かけてこれなら借りられるかもしれない、今のお金の足しになるかもしれないという思いで申し込みをさせていただきました。

一ヶ月に突然必要になったお金なので今月だけという思いがあり、利用することになりました。

申し込んだその日のうちにカードが発行でき、お金を借りられたのはとても助かりました。

加えて、利用限度額が希望限度額よりも高額になったこともありがたかったです。

希望限度額は10万円で申し込んだのですが、実際に連絡を受けた利用可能額は50万円でした。

今月だけしのげればいいなと考えていたのですが、余裕を持ってお金のやりくりができたのは気持ち的に助かりました。

また女性オペレーターの方の対応が非常に丁寧で安心感があったのも良い印象です。思っていたより気軽に借りられたという印象を抱いています。

本当に借りられるのかな?と疑問に思っている方もおられるかもしれませんが、派遣社員で初めてお金を借りる私も特に問題なく利用できました。

初めての方は不安かと思いますが、返済計画がきっちりと立てられているなら上手に活用していただければと思います。

キャッシングの返済は短期に済ませる

普通に生活していても、急にまとまったお金が必要になることはあります。キャッシングを利用することによって賢くお金を回せば利便性が高くなることも少なくありません。

しかし、金融業者からのキャッシングには金利がかかり、利息をプラスして返済しなければなりません。利息をなるべく少なく済ますことはキャッシングの利用では鉄則と言っていいですが、利息を少なくするのにももっとも効果があるのは短期で返済してしまうことです。無理な返済計画を立てる必要はありませんが、自分で考えているよりも短期で返済することは利息を抑えることに役立つのです。完済してしまえば、その後は返済も利息もなくなってしまうことを理解すべきで、そのために必要なのは短期で返済することです。

どうしても月々の返済額をあまり多くできないという人は繰り上げ返済を活用することでやはり利息額を大幅に減らすことができます。繰り上げ返済はすべて元本の返済に回されるので、繰り上げ返済以降の返済が有利に回ります。このくらいは繰り上げ返済しても仕方がないのでは、と考える必要はありません。繰り上げ返済が可能な金額をあれば、さっさと返済してしまうことが利息額を抑えるコツです。

パートなのでキャッシングの審査が心配でしたが大丈夫でした

パートで働いているひとでも消費者金融のキャッシングが利用できるらしいことは私も知っていました。大手の消費者金融の公式サイトを見てみると、確かにパートやアルバイトで働いているひとでも申し込みができると書いてありますが、私は半信半疑のまま申し込みました。私が申し込んだのはアコムでした。テレビのコマーシャルで何度も見たことがあったので安心感がありアコムにしました。アコムの公式サイトには融資を受けられるかどうかを短時間で調べられるようになっています。申し込みをする前に私も融資が受けられる可能性があるのかどうかをまず調べてみしまた。

調べてみて私でも融資が受けられる資格があることが判ったから正式な手続きを取りました。その後は自分で考えていた以上にスズに審査に通ってしまいました。担保を取られることもなく連帯保証人も必要もなくパートの私も消費者金融から融資を受けられるようになったのですから、改め考えてみるとあり得ないことのようにも感じられてしまいます。キャッシングで借りたのは2万円でした。その2万円はパート代を貰った日にATMから全額返済しました。無利息キャッシング期間内に返済できたので利息が1円もかからなかったのも助かりました。これからもお金がどうしても必要になったときはキャッシングを利用さてせもらおうと思っています。

キャッシングの借り換えタイミングとは

キャッシングの借り換えタイミングはわかりやすくいいますと金利です。低金利なところが見付かったのであればそれが一つの時期といえるでしょう。それだけのメリットが低金利で借りること、借り換えることにあるのです。前倒しで返済する事に関して手数料を求められることはありませんから、それは心配しないでよいでしょう。

住宅ローンなどですとどうしてもそうしたことがありますから、借り換えに消極的になってしまう人が多いのです。キャッシングからカードローン、という借り換えもまったく問題ないでしょう。それはそれでまったく問題ないことであるといえますから、少しでも低金利になるのであればそれは積極的に行っていくようにしましょう。

そもそもお金を借りることに関して抵抗感を持っている人は多いです。それはそれで正しい認識ではあるのですが、さすがに本当に困っている時にまで借りない、という行動はよくないでしょう。必要であれば借りるべきですし、借りた後によいところが見付かったらそちらに借り換える、というのも十分にありといえます。お金がかかっていることですから、よいタイミングを見計らうべきでしょう。それが低い金利のところが見つかった時なのです。

学生であろうとキャッシングができます

キャッシングサービスの条件なのですが、まずは20歳以上であること、というのがあります。これは基本的に重要なポイントであるといえます。どうしてなのか、といいますと未成年とは契約行為自体が困難になるからです。

少なくとも金銭貸借に関しては厳しいと言わざるを得ないのです。ですから、学生であろうともキャッシングサービスは利用することができるのですがそれでも20歳は超えている必要があるのでこれはしっかりと覚えておくとよいでしょう。学生といっても20歳を超えていることはよくあります。そもそも大学生であればそうしたことはあり得るからです。

ストレートに入学しているとしても2年次には20歳を超えている人が多いでしょう。ですから、学生でもキャッシングサービスを利用することは可能になっています。

しかし、収入があること、というのが最低条件になります。学生ですから正規雇用は殆どないでしょうから、アルバイトということになります。アルバイトであろうともそれは収入として認められることになりますから、その点はそこまで心配することはないでしょう。しかしながら、そもそもお金を借りる、という行為はなかなか重いですから注意しましょう。

キャッシングの審査に通過しやすい人とは?

お金を貸す立場にある金融機関にとって最も心配なのは、貸したお金がちゃんと返済されるのかということです。返済されずにただ一方的に貸す状況では、商売として成立しません。キャッシングの審査に通過しやすい人とは、金融機関から返済能力があると信用された人のことを指します。

返済能力があると信用されるためには、安定した収入を確保できるような状況にあると証明しなくてはなりません。この安定した収入は、金額が高いほど有利です。年収200万円の人よりも年収400万円の人のほうが信用されやすくなります。また、安定した収入を得ている方法についても信用度に差が出てきます。無職で親の援助を受けている人よりも、大手の企業で正社員として働いている人のほうが信用されやすいです。勤続年数が1年未満の人よりも10年以上の人のほうが断然有利に信用されることになります。

キャッシングの審査に通過しやすい人について理解しておくと、金融機関を選択するときやキャッシングの申し込みをするときに対策を練りやすくなります。きちんと理解してから行動に移すようにしましょう。

3種類のキャッシングの比較

初めてキャッシングの利用を考えている人は、キャッシングには3種類あることを覚えていきましょう。

3種類とは消費者金融のカードローン、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングです。
それぞれに特徴があって長所と短所があります。

消費者金融はアコムやプロミス、レイク、アイフル、モビット、ノーローンといった大手の有名会社と、それ以外の無数の中小会社があります。

大手、中小ともに金利は横ばいで100万円以内なら18.0%が適用されてますが、プロミスはほんの少しだけ低い17.8%です。

金利の面では優位性はありません。消費者金融の利点は審査のスピードと審査の柔軟性です。大手なら即日融資はどの会社でも可能としています。

銀行カードローンは三大メガバンクは当然として、地方銀行、ネット銀行、それと信用金庫なども含みます。

銀行カードローンは金利の低さと限度額の大きさが特徴です。総量規制の対象外でもあるので限度額の大きさはかなりの利点です。

審査スピードは消費者金融に負けますが、急いでいないのなら問題は無い早さです。また銀行という名前が安心感を与えてくれます。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードに付いている機能です。クレジットカードをすでに持っているならすぐに利用できます。

金利は100万円までは18.0%ですが、そもそもクレジットカードのキャッシングで100万円以上借りる人がいるとは思えません。

欠点はショッピングの限度額の一部になっていることです。つまり30万円のショッピングの限度額と20万円のキャッシング限度額があるカードで、20万円をキャッシングすればショッピングはあと10万円しか使えません。逆の場合、ショピングで25万円使っていたらキャッシングは5万円しか出来ません。

クレジットカードはキャッシング機能を無くして、ショッピングのみの利用とすることも出来ます。

金利の低さで選ぶなら銀行カードローンで、今日すぐにお金が必要となったら消費者金融、クレジットカードを作った時に念の為に確保しておくのがキャッシング枠、こんな感じでどれを選択するか考えてみると良いでしょう。