タグ別アーカイブ: カードローン

注意したい新生銀行カードローンレイクの2つのリスク

新生銀行カードローンレイクは2種類の無利息サービスがあるので初めて利用する人に向いているカードローンです。無利息サービスが適用されるとサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかし新生銀行カードローンレイクを利用してお金を借りる時はリスクもあるので注意が必要です。そこで新生銀行カードローンレイクを利用してお金を借りる時に発生する可能性があるリスクをしっかり確認していきましょう。

・銀行カードローンなのに金利が高く設定されている

銀行カードローンは上限金利が14.5%前後で設定されているので低金利と言われています。しかし新生銀行カードローンレイクは上限金利が18%で設定されているので銀行カードローンの中では高くなっています。お金を借りた時に加算される利息が多くなるので返済が困難になってしまうリスクがあります。特に借り過ぎには注意した方がいいでしょう。

・ネットキャッシングが出来るのでお金を借りている事を忘れてしまう

新生銀行カードローンレイクは申し込みから借り入れまでの手続きをすべてネット上で出来てしまうのですごく便利です。それでお金を借りる時は振込キャッシングになるので自分の口座から引き下ろす事になります。自分の口座から引き下ろしているとお金を借りている事を忘れてしまうのでいつの間にか借入総額が多くなっている事もよくあります。お金を借りている事は常に頭に入れておくようにしましょう。

レイクのカードローンを選ぶメリットとは

手軽に申込ができる上に審査スピードも早い銀行カードローンとして、多くの人に支持されているのが新生銀行カードローンレイクのカードローンとなります。このレイクのカードローンを選ぶことで享受できるメリットについて、詳しく解説を行っていきます。

・年収に関係なく借り入れができる

レイクのカードローンは銀行系カードローンであり、総量規制対象外となっています。消費者金融のカードローンは総量規制の対象となっているため、年収の3分の1を超える借り入れは不可とされていますが、レイクのカードローンならば、年収に関係なく借り入れができるのです。

・即日借り入れに対応

銀行系カードローンといえば審査に時間がかかるというイメージがありますが、レイクのカードローンは審査が非常に早くなっています。無人契約機から申し込みをした場合、審査完了まで最短で50分程度となっていますし、最短で申し込みをしたその日のうちから借りれができるのです。

・Tポイントがもらえる

レイクでは新規契約を行い、エントリーを済ませてWeb会員ページにログインしてメールアドレスを登録することで、Tポイントをもらうことができます。借り入れなどをしなくてもポイントがもらえるのは嬉しいですね。

三井住友銀行カードローンの審査で重視する2点

三井住友銀行カードローンは大手銀行のカードローンでしかも低金利なので利用する人も多いです。店舗内に設置されているローン契約機で申し込みをする事が出来るので手軽にお金を借りる事が出来ます。しかし審査に落ちてしまうと契約する事が出来ないので注意しなければいけません。そこで三井住友銀行カードローンの審査で重視する点を挙げていく事にしましょう。

・他社借入の有無

三井住友銀行カードローンは安定した収入を得ている事が最低条件となりますが、他社からの借り入れがあると返済するのが困難になってしまう事があります。それで審査では他社からの借り入れの有無を重視して3件以上あると否決されてしまいます。三井住友銀行カードローンの審査では他社からの借り入れがない方が有利になるので申し込みをする時は他社からの借り入れはすべて返済しておくようにしましょう。

・金融事故の有無

三井住友銀行カードローンは信用出来る人に貸付をしたいと考えているので審査では金融事故の有無を重視します。過去にクレジットカードやキャッシングの滞納、債務整理の経験など金融事故を起こしていると審査が否決されてしまいます。金融事故を起こした経験がある人は利用する事が出来ないので注意しましょう。

銀行系カードローンのメリット

銀行からお金を借りるというと住宅ローンか事業資金、というのはもはや大昔の感覚で、今では消費者金融と同じように、保証人なし・担保なしで借りられるカードローン(いわゆるキャッシング)のサービスを行っています。

大手消費者金融と比べると審査が厳しめ、審査に時間がかかるので、すぐに借りたい人には不向き、というデメリットがありますが、銀行のカードローンには様々なメリットがあります。何よりも大きなメリットは、金利の低さ。消費者金融のカードローンの金利上限が約18%なのに対し、銀行系のカードローンは1~3%低めに設定されている場合が多くなっています。

カードローンでは借入金額等の条件によって金利が変わってきますが、多くの場合、上限金利が適用される場合が多いので、長期に渡って借りるような時は、1%の差が大きな負担になってきます。また、借入限度額が高めに設定されているのも特徴です。消費者金融では、総量規制によって年収の3分の1以上の金額を借りることができないので、高額融資を希望する場合は銀行が頼りになってきます。

ほとんどの銀行では、口座を持っていなくてもカードローンを利用できるようになっていますが、既に口座を持っている銀行に申し込むと、提出書類が少なくて済む等の利便性もあります。銀行のカードローンを検討する場合は、まず、既に口座を持っている銀行をチェックしてみるのもよいでしょう。

増額申込みの仕組みは知らないと危険

カードローンの契約を行なっていて、利用限度額の増額を行いたくなった場合には、増額申込みを利用規約に則り行えば良いでしょう。
しかし、銀行と消費者金融では、考え方が全く異なる点を知らなければ、思わぬ失敗に陥る可能性があります。
銀行カードローンの増額申込みは、基本的に銀行から届く増額インビテーションのみで行われていると考えなければなりません。
なぜなら、実質的な審査を行っているのは保証会社であって、銀行へ増額申込みを行なっても保証会社による審査に通らなければ増額申込みが認められることは無いからです。
保証会社が定期的に行なう与信によって、増額しても良いと考えた場合のみ、銀行へ増額インビテーションを出すことを勧めています。

一方、消費者金融の増額申込みは、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なって、誰の目から見ても信用実績が改善されていて借入枠が減少していることが必要です。
年収が転職により一気に上昇したことを証明出来ない限りは、利用限度額の増額が認められる可能性は少ないでしょう。
なぜなら、消費者金融への増額申込みは、実際に再審査を行っていることになるので、初回申込時に準じた審査を再度行っているに過ぎないからです。
初回申込時と大差ない状況であれば、増額申込みが認められる可能性が少ないわけです。

カードローンを無利息で使うこと

お金を借りる時に無利息である、というのはこれ以上ないメリットといえるでしょう。ですから、カードローンなどを選ぶときには無利息期間があるところにしたほうがよいでしょう。やり方としてはいくつかあるのですが多くの場合、最初の一ヵ月は無利息とか或いは一番最初に借りた時だけ無利息ということがあります。

或いはよいサービスとして挙げられるレベルですと一週間であれば何度借りても、といった具合のところもあるでしょう。パターンとしてはこのくらいではありますが要するに無利息でお金を借りることができる期間が少なからず今時のカードローン業者は設定している、といえるわけです。

もちろん、例外はいくらでもありますがそうした期間を上手く活用することによってノーコストで借りることができるようになるのは、利用者としてはこの上なく、有難いことになるでしょう。出来れば何度も条件次第では無利息期間があるようなカードローンから利用していきましょう。

カードローンの業者の選び方は様々ではありますが、基本的には利息を抑えられるようにすることがベストであることには違いはないのです。その点はどんなカードローンサービスであろうと同じといえることでしょう。

利用しているカードローンにより増額申込みは慎重に行いましょう

カードローンの利用規約には、半年または1年経過した段階で増額申込みが出来ると記載されています。カードローンへ申込みを行った際には、過去に取引実績が無ければ貸金業者が考えている限度額ギリギリまでの与信枠を出すことはしないでしょう。実際に半年以上延滞なく返済出来た場合に限り、審査を再度行なうことで利用可能枠の増額を行います。

信販会社や消費者金融が行っているカードローンならば、増額申込みはさほど警戒する必要はありません。利用限度額ギリギリで使っている場合には、個人の与信力が不足している可能性があるので、一概に増額申込みは避けると良いでしょう。増額申込みをすると、都度審査が行われるので利用限度額が増額・現状維持・減額のどれかになります。新規申し込み時に準じた審査を毎回行なう点が特徴です。

しかし、銀行カードローンについては事情が異なり、銀行側からの増額申込みを案内するインビテーション通知が来てから申し込む必要があります。利用規約では、半年または1年以上の利用実績があれば増額申込み出来ることになっていますが、実際に増額が通る可能性は低いと考えられます。インビテーションを受けての増額申込みであれば、実際に増額が既に決定済みというケースが少なくありません。

キャッシングの返済遅れると・・・

キャッシングやカードローンを利用しているなかで返済が遅れてしまったり返せないような事態にのることもあると思います。

そんなときどういった対応をするべきなんでしょうか?

まず、絶対してはいけないのが放置することです。

支払いが遅れると遅延損害金が発生しますが、これはほとんどの業者では20%くらいに設定されていると思いますが、かなりの金額になります。

放置すればするほど加算されていきます。

遅れてしまってまずするべきことは、業者への連絡です。

いつくらいまでなら返済ができるかということを伝えるようにするとそれほど問題にはなりませんが、連絡をしないで放置していると催促の電話や通知がきますし、一括で全額返済を迫られることもあります。