月別アーカイブ: 2018年4月

増額申込みをクリアするには信頼が大事

正直、色々なところからキャッシングでお金を借りるより、1社から借りたいですよね。多重債務者ってあんまりいいイメージないですし、一体、今月いくら返済すればいいのか解からなくなるケースも出てきますからね。

2社ぐらいならいいですが、3社、4社ぐらいになってくると、返済するためにまた借りるという悪循環に陥る場合も出てきます。最近は、おまとめローンという商品も出てきており、借りている人々も一番金利が低いところで借り換えをするケースが増えてきているようです。

それを実現するためには、ある程度の融資枠が必要となり、増額申込みをする必要があります。貸している方もリスクを避けたいため、簡単な審査で増額を認めることはありません。他でどれ位借りているかとか今迄に返済が滞ったことがないかという信頼を試されます。きちんと真面目に返済していた人は、信頼関係を構築していますので、増額申込みが認められる可能性が高いです。

銀行系カードローンがお得です。

ネットで検索するだけでも、数多くのカードローン会社が存在します。カードローン会社には、大きく分けて消費者金融と銀行系のカードローンの二種類があります。

それぞれの特徴がありますが、返済額なども総合的にみると銀行系のカードローンの方がお得です。

大多数の消費者金融の最大金利は18%に設定されていますが、銀行系のカードローン会社では12%から14%ぐらいに抑えられています。わずかな違いと思われるかもしれませんが、返済期間が長期化する場合や借入金が多額の場合には大きな違いになってきます。

また、消費者金融には総量規制が適用され、年収の3分の1を超える貸し付けを行うことは出来ません。それに対して銀行系のカードローン会社は総量規制の適用がないため、銀行の裁量で3分の1を超える貸し付けも可能です。

おまとめローンによくある勘違いとは

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の借入をまとめる金融商品です。おまとめローンの主なメリットとしては、借入の管理の簡素化や適用金利が低くなることが考えられます。つまり、うまく利用すればおまとめローンは大きなメリットがあるということができます。

しかし、おまとめローンについて大きな勘違いをしていることもあるので、そこはしっかりと把握してから利用を検討しておきましょう。おまとめローンについてよくある勘違いにはおまとめローンは複数の借入をまとめるだけで借入の総額が減るわけではないということです。適用金利が下がることによって、総返済額が減る可能性はありますが、それも返済期間が長くなれば総返済額は増えてしまう可能性もあるのです。

年末年始でも契約可能?大手消費者金融なら元旦以外なら!

年末年始ともなると、何かと出費が増えるものです。予想以上の出費により手元に現金が無くなる場合、キャッシング契約を検討することもあります。しかし、銀行カードローンの場合、審査や契約対応は営業日になるため、年末年始といった長期休暇がある期間は借り入れは困難です。しかし、大手消費者金融であれば、年末年始でも安心ができます。

基本的には元旦以外なら当日中に契約から借り入れも可能になっており、無人契約機を利用すればその場でローンカードの受取も可能です。急いでいる時ならインターネットからWEB完結で手続きを済ませ、無人契約機に足を運ぶという方法がおすすめです。カードレスや振込融資といった方法は、銀行営業日に影響を受けるため、年末年始は注意が必要になります。