月別アーカイブ: 2018年1月

レイクは3月までは新規契約は可能です

2018年を迎えても新生銀行カードローンレイクのCMはバンバン放送されています。実はレイクは今年の3月までで廃業して新会社に移行すると発表されており、最後に一稼ぎしようと目論んでいるのかもしれません。

レイクの公式サイトを見ると、即日融資のことは大々的に書かれていませんが、よくある質問のところを見ると自動契約機なら30~45分でカードの発行が可能と書かれています。この1月から銀行カードローンは即日融資が禁止されているはずですが、あくまで自主規制です。ですから新生銀行が即日融資を行っても法的に問題はありません。

新生銀行カードローンの最大のウリは5万円までなら180日間の無利息サービスが選択できることです。2月か3月に新規契約すれば、夏のボーナスで一括返済すれば無利息で利用できます。

ですから最後にレイクと契約するのもアリですね。

銀行系カードローンの借入限度額のおおよその上限

銀行系カードローンというのは、ほとんどの人は借入できないのではないか?と思うような借入限度額が設定されていたりしますが、銀行系カードローンの借入限度額というのは、次のような感じで設定されています。

まず、上限に関しては1000万円が最高です。 大手や、地方でもかなり大きな銀行ならこの辺りの借入限度額を設定していることがあります。

そこから、ちょっと規模が落ちると800万円。 まだまだこれくらいの設定でもなかなか多いくらいです。

ちょっと特殊だったり地方でも小さくなっていくと500万円、300万円あたりが主流になっています。

下限はおおよそ10万円くらいからで、1万円からの借りやすいものもあります。たまにレベルが高いものだと100万円からの設定になっていたりします。

レイクのサービスを最大限に活用するには

新生銀行の融資サービスであるレイクは、Web申込みで店頭まで足を運ばなくても申込みが出来る仕組みになっています。キャッシングをするには、新規申込みをして審査を通過しなければいけません。

レイクのサービスを最大限に活用するには、2つの無利息ローンの使い分けとカードレスで融資や返済が出来るWeb完結の利用です。無利息ローンは、初回利用を条件に、30日間無利息にするか、5万円まで180日間無利息にするという仕組みが提供されており、利用者のニーズに応えられるようになっています。

Web完結は、審査を通過して契約後、カードの到着を待たずに、融資をしてもらえるサービスであり、融資をスムーズに行うのに重宝するサービスです。