カテゴリー別アーカイブ: 返済について

返済日にどうしても約定返済金が準備できない時、どうすればいい?

冠婚葬祭などが立て続き、突発的な出費により現金の手持ちや預貯金が足りなくなるケースは少なからずあります。そのような場合、キャッシングローンを利用することでしのぐことが出来ます。しかし、キャッシングローンの返済期間中に同様の自体が生じた場合、返済日までに返済金額(約定返済金)が準備出来ない可能性はあります。そのような場合、他のカードローンから借り入れをして返済するといった行為は債務超過状態となり、翌月以降も返済に苦しむことになります。

では、このような状況において、現金を確保出来ない場合はどうすれば良いかと言うと、借入先にへ相談することが重要になります。相談の結果、利息分以上の金額を返済することで乗り切れる可能性があります。

また、消費者金融の場合は予めこのようなサービスを案内しているケースがあり、キャシング契約を検討する段階から対応しているか確認しておくことで万が一の際に於ける対応策を確保することが可能です。特にアコムの場合、一時的な約定返済金の減額をすることが可能となっています。

一時的に約定返済金を減額することで、総返済額および返済期間に影響が出てしまうものの、遅延損害金や個人信用情報にダメージを受けることを回避する方が重要です。

キャッシングの返済は短期に済ませる

普通に生活していても、急にまとまったお金が必要になることはあります。キャッシングを利用することによって賢くお金を回せば利便性が高くなることも少なくありません。

しかし、金融業者からのキャッシングには金利がかかり、利息をプラスして返済しなければなりません。利息をなるべく少なく済ますことはキャッシングの利用では鉄則と言っていいですが、利息を少なくするのにももっとも効果があるのは短期で返済してしまうことです。無理な返済計画を立てる必要はありませんが、自分で考えているよりも短期で返済することは利息を抑えることに役立つのです。完済してしまえば、その後は返済も利息もなくなってしまうことを理解すべきで、そのために必要なのは短期で返済することです。

どうしても月々の返済額をあまり多くできないという人は繰り上げ返済を活用することでやはり利息額を大幅に減らすことができます。繰り上げ返済はすべて元本の返済に回されるので、繰り上げ返済以降の返済が有利に回ります。このくらいは繰り上げ返済しても仕方がないのでは、と考える必要はありません。繰り上げ返済が可能な金額をあれば、さっさと返済してしまうことが利息額を抑えるコツです。

キャッシング返済時の注意点

キャッシングして効率的に返済していくにはその返済方法について知識をつけておくとお得になります。

借り入れる金融機関を選んでいく段階で返済方法の違いや特長を抑えながら選んでいくと、返済にかかる経費を抑えたりしてトータルでやすくなる可能性があるのです。

まず返済方法の種類についてお話しします。

キャッシングは大きく分けて二種類の返済方法があります。こちらからお金を支払いに行くのと自動的に口座から引き落とされるものです。こちらから返済していくのも銀行などのATMを利用するものや、コンビニなどの窓口でレジ精算するものに分けられます。

いずれの方法を取るにしても実は利用手数料があります。銀行口座から自動引き落としの場合は、提携している銀行の口座や親会社の銀行口座だったりすると無料で利用できる場合もあります。

また口座振込の場合は通常の利用と同じく、使用している銀行に対して振込手数料がかかります。振り込む金額によって大きく左右されますが、長期間何度も返済していくことを考えるとバカにならない金額になってきます。

最近主流なのがコンビニを利用した返済です。コンビニATMや情報端末を経由したレジ精算の場合は手数料無料としているところが増えてきているのです。

キャッシングの返済遅れると・・・

キャッシングやカードローンを利用しているなかで返済が遅れてしまったり返せないような事態にのることもあると思います。

そんなときどういった対応をするべきなんでしょうか?

まず、絶対してはいけないのが放置することです。

支払いが遅れると遅延損害金が発生しますが、これはほとんどの業者では20%くらいに設定されていると思いますが、かなりの金額になります。

放置すればするほど加算されていきます。

遅れてしまってまずするべきことは、業者への連絡です。

いつくらいまでなら返済ができるかということを伝えるようにするとそれほど問題にはなりませんが、連絡をしないで放置していると催促の電話や通知がきますし、一括で全額返済を迫られることもあります。