カテゴリー別アーカイブ: 審査

利用しているカードローンにより増額申込みは慎重に行いましょう

カードローンの利用規約には、半年または1年経過した段階で増額申込みが出来ると記載されています。カードローンへ申込みを行った際には、過去に取引実績が無ければ貸金業者が考えている限度額ギリギリまでの与信枠を出すことはしないでしょう。実際に半年以上延滞なく返済出来た場合に限り、審査を再度行なうことで利用可能枠の増額を行います。

信販会社や消費者金融が行っているカードローンならば、増額申込みはさほど警戒する必要はありません。利用限度額ギリギリで使っている場合には、個人の与信力が不足している可能性があるので、一概に増額申込みは避けると良いでしょう。増額申込みをすると、都度審査が行われるので利用限度額が増額・現状維持・減額のどれかになります。新規申し込み時に準じた審査を毎回行なう点が特徴です。

しかし、銀行カードローンについては事情が異なり、銀行側からの増額申込みを案内するインビテーション通知が来てから申し込む必要があります。利用規約では、半年または1年以上の利用実績があれば増額申込み出来ることになっていますが、実際に増額が通る可能性は低いと考えられます。インビテーションを受けての増額申込みであれば、実際に増額が既に決定済みというケースが少なくありません。

総量規制対象外になる高額の借入をしたい時には?

現在は貸金業法で規制されているため、年収の1/3を越える借入をすることが出来ません。でもまとまったお金が必要になる時がありますね。すでにあちこちの消費者金融で借り入れているため1/3を越えてしまうという場合にはどこで借りたら良いのでしょうか。

銀行は総量規制対象外ですので、年収の1/3を越える借入を申し込むことが出来ます。どうしてもお金が必要だという時には、銀行のキャッシングを利用するという選択肢もあります。ただし銀行は消費者金融よりも審査が厳しいですので、複数社で借りていて返済事故を起こしたことがある場合には、借りることが出来ない可能性は高いです。

まだキャッシングを利用したことはないけれど、年収の1/3以上の額を借りたいという時には迷わず銀行のキャッシングに申込みをすることです。金利も消費者金融と比べて銀行のほうが安いですので、総量規制にひっかからなくても高額の借入になる場合には、銀行のほうが金利面で有利な契約をすることが出来ます。

消費者金融系でもおまとめローンがあることを知っていますか?

キャッシングの中でも、今やおまとめローンが非常に人気の金融商材となっています。

それは、長い日本経済の情勢不安定により、多くの家庭がローン契約やキャッシングといった手段に頼っており、景気回復後に大幅に返済を行うといった手段を考えていました。

しかし、借り入れ時の金利により経過利息が発生するため、返済金額が少なからずとも契約申込時の予想とは乖離が生じます。

そこで検討する方法が、早い段階で金利の低いおまとめローンへ借り換えを行うことですが、総量規制対象外となる銀行系ローンを選択することが多くあります。

そもそも、消費者金融の場合、貸金業法が適用され総量規制があると有名ですが、『貸金業法に基づく借り換え専用ローン』というものが知られていません。

実際には、このおまとめローンの場合、総量規制すなわち年収の1/3までの融資額以上となります。

金利については、銀行系おまとめローンよりも高くなる傾向がありますが、審査が不通過となる場合において選択肢の一つとなります。

おまとめローンの多くはキャッシングやカードローンの返済を一本化することが目的であり、少しでも金利が低いおまとめローンを利用することがポイントとなります。

また、過払い金が発生していた場合、完済から10年以内に返還請求を行うことである程度の利息を回収することも可能となります。

おまとめローンを利用するタイミング

キャッシングを頻繁に利用している人にとって、おまとめローンはある種の救世主的な存在です。キャッシングでたくさんのお金を借りている人は、複数の会社を掛け持ちしながら、限度額がいっぱいになるまで利用をしています。

しかし、複数社を同時利用するということは、リボ払いでの支払いをすることになりますから、毎月の返済額は1社で単独利用している時よりも数倍の金額になってきます。それが、非常に負担になるため借金を返済するための借金をするという悪循環になりがちです。

それを避けるためにあるのが、おまとめローンです。簡単に言うと、複数の会社に借りていたお金を、一つにまとめて返済を楽にするというものです。ただ、単に一つの会社に集約するということではなく、一緒に金利も安くなります。

なぜ、金利が安くなるのかというと、貸金業法では100万円を超える融資を受ける場合には金利が安くなるように設定されているのです。ですから、20万円を5社で借りる時よりも、100万円を1社で借りる時の方が、金利の最低限の設定利率が少なくなります。

そのため、トータルで考えると金利手数料が安い状態で、キャッシングを利用することが可能になるのです。では、このおまとめローンはどうやったら利用できるのかというと、これも専門で行っているカードローンやキャッシング会社に申し込みをすることになります。

自分の借金が膨れてきたなと感じたら、どれくらいの金額を借りているかを計算してみて、おまとめローンを選択するという方法もあります。