増額申込みの仕組みは知らないと危険

カードローンの契約を行なっていて、利用限度額の増額を行いたくなった場合には、増額申込みを利用規約に則り行えば良いでしょう。
しかし、銀行と消費者金融では、考え方が全く異なる点を知らなければ、思わぬ失敗に陥る可能性があります。
銀行カードローンの増額申込みは、基本的に銀行から届く増額インビテーションのみで行われていると考えなければなりません。
なぜなら、実質的な審査を行っているのは保証会社であって、銀行へ増額申込みを行なっても保証会社による審査に通らなければ増額申込みが認められることは無いからです。
保証会社が定期的に行なう与信によって、増額しても良いと考えた場合のみ、銀行へ増額インビテーションを出すことを勧めています。

一方、消費者金融の増額申込みは、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なって、誰の目から見ても信用実績が改善されていて借入枠が減少していることが必要です。
年収が転職により一気に上昇したことを証明出来ない限りは、利用限度額の増額が認められる可能性は少ないでしょう。
なぜなら、消費者金融への増額申込みは、実際に再審査を行っていることになるので、初回申込時に準じた審査を再度行っているに過ぎないからです。
初回申込時と大差ない状況であれば、増額申込みが認められる可能性が少ないわけです。